2018年5月30日水曜日

ジュエリー小売最大手、デビアス 人造ダイアモンドの製造と小売販売開始

De Beers admits defeat over man-made diamonds
by Ivana Kottasová @ivanakottasova May 29, 2018: 9:59 AM ET

Most diamonds in the world are cut here
The world's largest diamond miner is doing the unthinkable: Selling stones produced in a laboratory.

De Beers launched a new jewelry brand on Tuesday that features synthetic diamonds, a major reversal for a company that had implored consumers to stick with "real" stones.

The brand, called Lightbox, will offer synthetic diamonds at a fraction of the price it charges for stones pulled out of the earth. De Beers framed the move as a response to consumer demands.

"Lightbox will transform the lab-grown diamond sector by offering consumers a lab-grown product they have told us they want but aren't getting: affordable fashion jewelry that may not be forever, but is perfect for right now," said De Beers CEO Bruce Cleaver.

Jewelry from the brand will go on sale in September. De Beers said prices will start at $200 for a quarter carat, and increase to $800 for a full carat stone. The company's natural stones start at roughly 10 times that amount, depending on their clarity and other attributes.

De Beers had been an outspoken critic of synthetic diamonds. Company executives vowed never to sell artificial stones, and it participated in the diamond industry's "real is rare" campaign. It even developed a machine that spots lab-grown stones.

"De Beers' focus is on natural diamonds," Simon Lawson, the current head of research and development at De Beers, told Bloomberg in 2015. "We would not do anything that would cannibalize that industry."

Synthetic diamonds, which can be produced in about 500 hours, share the same physical, chemical and optical characteristics as natural stones. But they are not nearly as valuable.

De Beers has produced synthetic diamonds for years through a subsidiary called Element Six, but it has limited their use to industrial applications.
These founders want to make lab-grown diamonds mainstream

The new synthetic diamonds will come in pink, blue and white, and the stones will contain a tiny Lightbox logo. De Beers said the logo won't be visible to the naked eye, but it will make the stones easily identifiable as lab-grown.

De Beers said it would invest $94 million over four years to build a new synthetic diamond production facility near Portland, Oregon.
CNNMoney (London) First published May 29, 2018: 9:59 AM ET
http://money.cnn.com/2018/05/29/news/companies/de-beers-man-made-diamonds/index.html


国際ダイヤモンド輸出機構の敗北宣言キター!(爆wwwwwwww

2018年5月28日月曜日
別冊花とゆめが休刊で約40年の歴史に幕
http://tokumei10.blogspot.com/2018/05/40.html






国際ダイヤモンド輸出機構




最初に登場した悪の組織。『墓に咲くバラ』(作品番号2)で初登場。世界中のダイヤモンド市場を一手に握り、ダイヤモンドの販売網を独占していた。ダイヤモンドの資源メジャーであるデビアス[10]をイメージモデルにしているようでもあるが、作中での描写は007シリーズの敵組織「スペクター」を彷彿とさせる(失敗者の処分方法、最高幹部達が互いにナンバーで呼び合う設定、「ナンバー1」と呼ばれるトップが猫を膝に抱く姿などが酷似)。
パタリロが即位して最初に行った事がこの組織からの脱退だった(業界団体であった事から止むを得ず加盟していたが、機関運営の不透明ぶりに嫌気が差し、父である前王に脱退を勧めていた)。市場の独占を図りたい機構は幾人もの刺客をパタリロに送り込んだが、バンコランの活躍で失敗に終わっている。マライヒやバットもかつては機構に所属する暗殺者だった。



『パタリロより愛をこめて』(作品番号7)でバンコランと手を結んだマライヒの証言により解体された。そのため実際に組織が作中に登場した期間は少なく、決着の仕方もあっけないものとなっているが、アニメ版では国際ダイヤモンド輸出機構を最終話までの一貫したライバルとして描いている。また、レギュラーキャラクターであるマライヒが過去に属していた組織ということがあって、その後も「ダイヤモンド輸出機構時代の関係者」がマライヒと絡むようなエピソードが数多く描かれた。






日本はクラッシュするかもね。(爆wwwwwwwwwwwww

7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

南アフリカにかけてる日本企業
全力で走って(ry

GABRIEL さんのコメント...

ダイアモンド

ロシア 3560万
ボツワナ 3110万
コンゴ民主共和国 2800万
オーストラリア 2062万
南アフリカ共和国 1445万
カナダ 1262万
アンゴラ 600万
ナミビア 200万
中華人民共和国 121万
ガーナ 100万
上位6カ国、すなわちロシア (22.8%)、ボツワナ (19.9%)、コンゴ民主共和国 (18.0%)、オーストラリア (13.2%)、南アフリカ共和国 (9.3%)、カナダ (8.1%) だけで、世界シェアの90%を占める


白人を虐殺せよと
ヘイト化土人化する南アフリカ黒人達

南アフリカで
名誉白人扱いの日本人はさてはて

匿名 さんのコメント...

イタリアンマフィアの格好がお好きなタロッサちゃん元気ー?w

匿名 さんのコメント...

そういえば映画 Blood Diamond公開の際に、しつこくアピールしていましたね。
デビアスは紛争地域でのダイアモンドは扱わない、とてもクリーンなシンジケートです、のように(爆)
ブラックアフリカ国家は政情不安定過ぎで、ビジネスの旨みも無くなりつつあるということでしょうか。

Blood Diamond (2006) Official Trailer - Leonardo DiCaprio Movie
https://www.youtube.com/watch?v=r0iDAjXWU4Q

匿名 さんのコメント...

ダイアモンドも自給自足しますってことで

匿名 さんのコメント...

ロシアクライシスにご用心
http://tokumei10.blogspot.com/2014/03/blog-post_15.html?m=0

団長、ダイヤモンド利権の記事再掲と、上記記事のコメで思い出しました。

ロシア側は随分潮目が変わってきましたかね。

米国が黒い人からトランプになり、その見誤りからの日本凋落は、ロシアクライシスならぬジャパンクライシスに繋がりかねないすね。
未だに安倍よりマシなのが居ないのがホント面白いですが。

匿名 さんのコメント...

リアルパタリロ!
ラシャーヌも好きですw