2018年3月10日土曜日

「ローラ・アシュレイ」が日本撤退

女性に人気の英国ブランド「ローラ・アシュレイ」が日本撤退! その背景は?
2018年3月10日 8時45分
ハーバービジネスオンライン

英国発の家庭用品・アパレルブランド「ローラ・アシュレイ」が日本から姿を消してしまうかも知れない。

ローラ・アシュレイを東アジアで展開する「ローラ・アシュレイ・ジャパン」が事業から撤退し、2018年9月までに全店舗を閉店する方針であることを2月2日に発表したのだ。

◆実は日本では「イオン傘下」だった

ローラ・アシュレイは1968年にイギリス・サウスケンジントンに1号店を出店。1985年に日本初出店を果たすと、ポップな花柄をモチーフとしたデザインの家庭用品やホームウェアなどのアパレル商品は広く受け入れられ、人気となった。

1986年にはジャスコグループ(現:イオングループ)主導のもと、イギリス「ローラ・アシュレイ」社との共同出資で「ローラ・アシュレイ・ジャパン」を設立。全国の百貨店や駅ビルを中心に、グループの利を生かしてイオングループの大型店への出店もおこなっていた。また、近年はサンリオやユニクロとのコラボレーションも行ったことも話題となった。

そう、実は「ローラ・アシュレイ・ジャパン」はイオン傘下の企業が展開していたものだったのだ。

イオングループは、2018年9月にイギリス「ローラ・アシュレイ」社との契約満了を迎えるのに伴い、契約を更新しないことを発表。日本国内の108店舗(2月現在、アウトレット店を含む)は全て閉店させる方針だという。同社は台湾や香港でも「そごう」などの日系百貨店を中心に出店しており、それらの国外店舗も閉店となる可能性が高い。

◆イオン内よりも「都市部中心」での店舗展開だった

イオンは、今回の撤退を「新たな成長に向けた既存事業の再定義、事業分野の見直し」であるとしており、それ以上の発表はおこなっていない。しかし、今回の事業撤退は長らく「ローラ・アシュレイ」が主戦場としてきた都心型商業施設や百貨店業界の不振も影響しているのではないだろうか。

ローラ・アシュレイの店舗は近年イオンへの出店も増えて来たものの、現在もその多くは百貨店、駅ビルに入居しており、旗艦店の1つである表参道店は路面店だ。ローラ・アシュレイはいわゆる「百貨店ブランド」のなかでも比較的若い世代に受け入れられてきたものであり、百貨店としても手放したくないであろう。しかし、多くの店舗は「1地域1店舗」で、首都圏でこそ店舗は多いものの、大阪市のような大都市でも僅か2店のみ。その一方で地方への出店も多く、例えば九州内でも9店を有しており、その多くが地方百貨店などの都心型店舗だ。イオンとしては自社ショッピングセンターへの出店を行いたい思いもあれど、急速な郊外シフトを図ることが難しかったという背景もあるのかもしれない。

こうした海外ブランドの「ライセンス契約終了」といえば、かつて英国の人気ブランド「バーバリー」を展開していた三陽商会も思い出される。しかし、三陽商会は英国「バーバリー」側から契約打ち切りを迫られたものであり、今回の例とは少し異なったものであるとみられる。

2018年現在、日本国内の「バーバリー」は英国バーバリー本社が同社の日本法人を通じて直営展開しており、現在も日本での販売が続けられている。その一方で、経営の屋台骨であったバーバリーブランドを失い業績不振に陥った三陽商会は、この2月に港区青山の自社ビル「青山ビル」を売却することを決めている。

ローラ・アシュレイは、とくに地方では百貨店や駅ビルなどの一等地に店舗を構えていることが多く、今回の全店撤退方針は商業施設運営側にとっても頭が痛い問題であろう。

しかし撤退を決めたとは言え、ローラ・アシュレイは知名度も高く、世代を問わず人気ブランドとなっていることには変わりない。近い将来、バーバリーのように英国法人主導での日本再進出も大いに考えられるが、果たしてどうなるであろうか。今後の動きが注目される。
http://news.livedoor.com/article/detail/14412681/




Laura Ashley plc (LSEALY) is a Welsh textile design company now controlled by the MUI Group of Malaysia. It was founded by Bernard Ashley, an engineer, and his wife Laura Ashley in 1953 then grew over the next 20 years to become an international retail chain. Sales totalled over £276 million in 2000. Its products can be described as quintessentially English.[1]After World War II, Bernard Ashley met Welsh secretary Laura Mountney at a youth club in Wallington, London. While working as a secretary and raising her first two children, part-time she designed napkins, table mats, tea-towels which Bernard printed on a machine he had designed in an attic flat in Pimlico, London [2] The couple had invested £10 in wood for the screen frame, dyes and a few yards of linen. Laura's inspiration to start producing printed fabric came from a Women's Institute display of traditional handicrafts at the Victoria & Albert Museum. When Laura looked for small patches carrying Victorian designs to help her make patchworks, she found no such thing existed. Here was an opportunity, and she started to print Victorian style headscarves in 1953.
Audrey Hepburn inadvertently sparked the growth of one of the world's most successful fashion and home furnishing companies. Hepburn appeared alongside Gregory Peck in the 1953 film Roman Holiday, wearing a headscarf. As such a fashion icon, she instantly created a style that became popular around the globe. The Ashleys' scarves quickly became successful with stores, retailing both via mail order and high street chains such as John Lewis.


Sir Bernard Albert Ashley (11 August 1926 – 14 February 2009) was an English businessperson and engineer. He was the husband of Laura Ashley, and was her business partner from the founding of their fashion-textiles-centred business.
An engineer with a love of trains, planes and boats, Ashley was often portrayed in the media as a businessperson instead of a designer – but he had a huge love of colour and design.
He had interests in Laura Ashley Holdings and the country-house hotel Llangoed Hall. Ranked 796th richest person in the UK with a fortune of £60m in fashion and hotels by the Sunday Times Rich List. He lived mainly in Brussels, but had houses in Hay-on-Wye and France.



Audrey Hepburn was born Audrey Kathleen Ruston or Edda Kathleen Hepburn-Ruston[1] on May 4, 1929 at number 48 Rue Keyenveld in Ixelles, Brussels, Belgium.[2] Her father, Joseph Victor Anthony Ruston (21 November 1889 – 16 October 1980), was a British subject born in Auschitz, Bohemia, Austria-Hungary.[3][a] He was the son of Victor John George Ruston, of British and Austrian descent[4] and Anna Wels, of Austrian descent.[5] In 1923-24, Joseph had been an honorary British consul in Samarang in the Dutch East Indies[6] and prior to his marriage to Hepburn's mother he had been married to Cornelia Bisschop, a Dutch heiress.[3][7] Although born with the surname Ruston, he later double-barrelled his name to the more "aristocratic" Hepburn-Ruston, mistakenly believing himself descended from James Hepburn, third husband of Mary, Queen of Scots.[4][7]Hepburn's mother, Baroness Ella van Heemstra (12 June 1900 – 26 August 1984), was a Dutch noblewoman. She was the daughter of Baron Aarnoud van Heemstra, who served as mayor of Arnhem from 1910 to 1920 and as Governor of Dutch Suriname from 1921 to 1928, and Baroness Elbrig Willemine Henriette van Asbeck (1873–1939).[8] At the age of nineteen, Ella had married Jonkheer Hendrik Gustaaf Adolf Quarles van Ufford, an oil executive based in Batavia, Dutch East Indies, where they subsequently lived.[9] They had two sons, Jonkheer Arnoud Robert Alexander Quarles van Ufford (1920–1979) and Jonkheer Ian Edgar Bruce Quarles van Ufford (1924–2010), before divorcing in 1925.[7][10]





元凶は汚乱田なんですよ。(爆wwwwwwww




、、、(爆wwwwwwwww


1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ユニクロ教