2018年1月4日木曜日

カドゥーリ家@Baghdadi Jewsにロックオン!(爆wwwwww














2011-01-13 カドゥーリ家とモカッタ家(1)カドゥーリ家Add Star
百万ドルの夜景を支える香港財閥
アジアのパワーマーケットは、この十数年で急拡大することが見込まれており、IEAの試算によると、2020年のアジアの発電容量は、2000 年時点の約2倍になると予想されています。実際に、中国の発電容量は、この数年、5,000万~6,000万kWのペースで拡大しており、これは東京電力一社分(6,430万kW)にほぼ相当します。
これまでアジアにおける電力会社の海外事業と言えば、IPP(Independent Power Producer)と呼ばれる形態での発電事業がほとんどであり、AESやInternational Powerといった欧米系の発電事業者や電力会社がその中心を担ってきました。しかし、近年、これらの企業に代わりアジア系の企業、中でも香港系の電力会社が海外事業を急拡大させています。
香港の百万ドルの夜景は、CLP(China and Electric Power)と香港電力(Hong Kong Electric)という二社によって支えられてきました。両社は、SOC(スキーム・オブ・コントロール)という制度の下で13.5%の利益を政府によって保証されていますが、2008年に現在のSOCが満期を迎え、次期SOCの下では利益保証の範囲が大幅に狭められることが予想されています。これに伴い、CLPと香港電力は、海外に成長源を求めて事業を積極拡大しています。
香港電力は、香港島とラマ島をフランチャイズとする垂直統合型の電力会社であり、ラマ島火力発電所342万kWを抱え、約55万軒のユーザーに電気を供給しています。一方、CLPは、九龍半島と新界をフランチャイズとする垂直統合型の電気事業者であり、香港域内に約660万kWの発電所を抱え、約200万軒のユーザーに電気を供給しています。両社とも海外事業を積極化しており、中国、インド、東南アジア、オーストラリアなど各国で発電事業(IPP)を展開し、一部の国では小売事業にも参入しています。
これからもアジアのパワーマーケットの新境地を開拓することが予想されるCLPや香港電力ですが、特筆すべきは、その株主です。CLPの株主はカドゥーリ(Kadoorie)財閥というユダヤ系財閥であり、香港電力はアジアの大富豪・李嘉誠が率いる長江実業グループに属します。カドゥーリ財閥は、CLPの最大株主であるとともに、傘下にペニンシュラ・ホテルを有する香港上海ホテルの株主・経営者でもあります。1949年に中華人民共和国が成立して以来、社名に「上海」を掲げつつも上海にホテルを保有してこなかった香港上海ホテルは、2005年に上海の旧英国領事館の地に上海ペニンシュラ・ホテルの建設を発表し、50年以上の時を経て上海に帰郷することになりました。カドゥーリ家の生い立ちは、19世紀半ばの上海に遡らなければなりません。
ユダヤ財閥が開拓した上海
1842年、アヘン戦争終結時に締結された南京条約による開港で、上海はひなびた漁村から一夜にして大都会へと変貌します。1842年に20万人だった上海の人口は、1900年前後には5倍の100万人になり、1930年までに300万人にまで膨れ上がりました。この上海を起点に中国ビジネスに巨大な影響力を持った二大商社が、ジャーディン・マセソン商会とサッスーン商会です。
アヘン貿易の元締めとなるサッスーン商会の創業者であるセファーディック系ユダヤ人デビッド・サッスーン(David Sassoon;1792-1864)は、バグダッドの地方長官の下で主席財務官として働くサッスーン・ベン・サリの子として1792年に生を授かります。サッスーン家は、代々、主席財務官の地位と同時にユダヤの族長(シェイク)の地位を継承してきましたが、18世紀後半からユダヤ教徒に対する圧迫が強まり、1826年に族長の地位を引き継いだデビッド・サッスーンは、1829年にバクダッドを脱出します。バスラ、ブシェルを経て、当時40歳のデビッド・サッスーンは1832年にボンベイへ到着。一族をボンベイに集め、サッスーン商会を設立し、ボンベイでの活動を本格化します。ここからサッスーン財閥が始まります。
当時のビジネスモデルは、英国・インド・中国の三国間で商品を取り回す所謂「三角貿易」モデルであり、南京条約締結後の1844年、デビッド・サッスーンは、三角貿易の一角をなす中国事業の足元を固めるため、次男のイリアス・サッスーン(Elias Sassoon;1820-1880)を上海に派遣し、1845年に上海支店を設立します。インドと中国の両国に強力な基盤を持ったサッスーン商会は、アヘン貿易のトップに君臨し、1870~1880年代にはインドアヘン輸入の70%を独占していたと言われています。創業者であるデビッド・サッスーンは 1864年に72歳でこの世を去りますが、後を継いだ長子アルバート(1818-1896)はサッスーン財閥をさらに発展させ、息子エドワード(1856 -1912)の妻としてアリーン・ロスチャイルドを迎え、その地位をますます確かなものにしました。
一方、一族の中国事業を任されていた次男のイリアスは、長男のアルバートが本家のサッスーン商会を引き継ぐことになったため、1872年に独立して上海に新・サッスーン商会を設立します。この新・サッスーン商会は、兄アルバートが経営する本家サッスーン商会と相互に協力しながらアヘン貿易を拡大し、息子のヤコブ(Jacob;1843-1916)が後を継いだ1880年以降も、不動産投資等を通じてサッスーン財閥の地位をより強固なものとしました。
上海のサッスーン商会の生みの親であるイリアス・サッスーンがこの世を去った1880年、サッスーン一族と同じくバグダッド出身のセファーディック系ユダヤ人であるカドゥーリ一族がサッスーン商会の社員として上海の地に足を踏み入れます。
カドゥーリ財閥の生い立ち
現在のカドゥーリ財閥の総裁であるマイケル・カドゥーリ(Michael Kadoorie;1941-)の祖父にあたるエリ・カドゥーリ(Elly Kadoorie;1967-1922)が二歳年上の兄のエリス・カドゥーリ(Ellis Kadoorie;1965-1922)とともに、インドのボンベイを離れ、サッスーン商会の社員として上海の地に足を踏み入れたのは1880年のことでした。当時、兄エリスは15歳、弟エリはまだ13歳でした。
エリス・エリ兄弟は、バグダードに七人兄弟として生まれ、1870年にインド・カルカッタのサッスーン商会に入社した長兄のEzekielに請われて、上海の新・サッスーン商会(Elias David Sassoon & Co.)に入社します。上海の創業者であるイリアスが死去したのが1880年3月21日であり、カドゥーリ兄弟が上海の地に降り立ったのが2ヵ月後の5月 20日だったことから、経営の代替わりのタイミングでそれなりに戦力になることを期待されて送り込まれたホープだったのかもしれません。
その後、カドゥーリ兄弟は、数年で財を成し、エリ・カドゥーリは兄エリスから100ドルを借りて“Benjamin, Kelly & Potts”という証券会社を設立します。社名に使用されたKellyという名は、カドゥーリ一族が上海上陸後に一貫して用いていた偽名であり、エリ・カドゥーリはカドゥーリの名を伏せたままこの証券会社を介して、1890年3月までに、香港上海ホテルの前身である香港ホテルの株式25%の取得に成功します。当時、エリ・カドゥーリは23歳、13歳で初めて上海の地に足を踏み入れてからわずか10年で香港ホテルを手に入れてしまった訳です(香港上海ホテルの社史によれば、エリ・カドゥーリは、Benjamin, Kelly & Pottsの半分を所有していたということなので、共同出資者がいるはずなのですが、なかなか見つかりません)。
さて、サッスーン一族がロスチャイルド家と閨閥を結んだのと同様に、カドゥーリ一族も欧州の金融資本家と結びつきます。エリ・カドゥーリは、モカッタ(Mocattas)家よりローラ(Laura Mocattas)を妻に迎えます)。このモカッタ家は、ゴールドスミス家やロスチャイルド家と並び称される英国の名門のようで、1657年に約370年間禁止されてきたユダヤ人の英国移住がクロムウェルによって解禁され、英国で復権を果たした名門だそうです。ある文献によれば、モカッタ家の由来は、スペインのレコンキスタに遡るとのこと。だとすると、スペインから追放されて欧州に留まったモカッタ家が、スペインからバグダードに逃れたカドゥーリ家と三世紀半の年月を経て極東の地で再び繋がったということになります。壮大なラブロマンスというよりも、どんなに時を経ても風化しないユダヤコミュニティの結びつきの強さが際立ちます(彼らにとっては三世紀半という年月ですら、たいした年月ではないのでしょうが)。
ちなみに、このモカッタ家は16世紀にエンリケ航海王子とともに大航海時代を演出した一家で、一家を代表するMoses MOCATTAは1643年に生まれ、その子孫がロンドンに移り住んだとのこと。名誉革命でイギリスを乗っ取った一味ですね。モカッタ・ゴールドシュミット商会はロスチャイルドと結びついているので、カドゥーリ家も壮大な閨閥の中に組み込まれていたようです。
http://d.hatena.ne.jp/m3953/20110113


2011-01-14 カドゥーリ家とモカッタ家(2)モカッタ家Add Star

ネイサン・ロスチャイルドとモカッタ家

ロスチャイルド商会創設者のマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1743-1812年)の三男ネイサン・ロスチャイルド(1777-1836年)が1804年に27歳でイギリス・ロスチャイルド商会を創設したとき、ロンドン・シティは数々の銀行家たちが跋扈しており、中でもベアリング兄弟は東インド貿易を通じて700万ポンドを超える資産を抱えるヨーロッパ随一の商人として君臨していました。

後発のネイサン・ロスチャイルドは、金塊取引の独占を通じて、ベアリング兄弟に対抗しました。広瀬隆氏の『赤い楯』は、次のように記しています。

十九世紀の初頭、ネイサン・ロスチャイルドが築き上げようとした金塊の独占形態は、ベアリング家が手当たり次第にありとあらゆる商品を扱う取引のなかで、逆にその一切の急所をロスチャイルド家が握るものであった。金銀がなければ買付けは不能になる。こうしてバイロンの詩句に、意味深い次の一節が謳われるまでになった。

ユダヤ人ロスチャイルドと手を結ぶ、キリスト教徒のベアリング

シティで新顔のネイサンが金塊取引を独占するに至ったのは、コーエン家を介して金塊ブローカーであるモカッタ家と縁戚関係になることができたためでした。1806年、ネイサンはイギリスのユダヤ人富豪リーヴァイ・コーエンの娘ハンナ(1783年-1850年)と結婚します。ネイサンとハンナが結婚して六年後にあたる1812年に、ハンナの妹ジュディス(1784-1862)は、モカッタ家系の母レイチェル(1762-1841)を持つモーゼス・モンテフィオーレ(1784-1885)と結婚しました。こうして、ネイサン・ロスチャイルドは、コーエン家を介してモカッタ家系のモーゼス・モンテフィオーレと義理の兄弟関係を結ぶことになりました。では、このモカッタ家とは一体どのような歴史をもつ閨閥なのでしょうか。

モカッタ家の生い立ち

モカッタ家は、もともとポルトガルの出自で(『赤い楯』では「スペインで活動していた」とあります)、ダイヤモンドや金銀の貿易で成功した一族でした。1492年のユダヤ人追放を受けて、ネーデルラントへ移り住み、その後、1657年にクロムウェルが英国へのユダヤ人移住を許可したのを契機に、モカッタ家は英国へ移住します。モカッタ家のロンドンでの活躍は、モーゼス・モカッタ(-1693)が1671年に、ロンドンの有力な金匠銀行家であったエドワード・バックウェルと取引を開始したことから始まります。モーゼスの死後、後を継いだアブラハム・モカッタ(-1754)は、1710年に王立証券取引所の会員資格を取得し、銀のブローカーとして頭角を現します。その後、イングランド銀行に海外の金塊取引の筆頭ブローカーに指名されました。1754年にアブラハムが死去すると、モカッタ家の事業は、養子のモーゼス・マトスと孫のアブラハム・モカッタ(-1891)が相続します。

一時期、銀やダイヤモンドのディーラーであったアレクサンダー・キースラーが共同経営者となりますが、1779年にキースラーが死去すると、モカッタ家と一体となって事業を経営していたゴールドスミス家の名を冠して、モカッタ・ゴールドスミス商会と名を変えます。ゴールドスミス家は、アーロン・ゴールドスミス(-1782)の次男アッシャー・ゴールドスミスが共同経営者となりました。その後、モカッタ家とゴールドスミス家は足並みをそろえて事業を経営しますが、アブラハム・モカッタとアッシャーの孫にあたるフレデリック・デビッド・ゴールドスミス(1812-1866)が1864年に引退すると、85年間続いた両家の提携関係が解消されてしまいます。

モカッタ・ゴールドスミス商会のその後

提携関係解消後、モカッタ家やゴールドスミス家と縁戚ではないヘクター・ヘイ卿がモカッタ・ゴールドスミス商会を率いていましたが、1900年、再び両家の子孫がモカッタ・ゴールドスミス商会に参画します。その後、1957年に同社はハンブローズ銀行に買収され、モカッタ家のエドガーとジョック(-1976)は代表取締役として同社に残ります。1973年、モカッタ・ゴールドスミス商会は、ハンブローズ銀行からスタンダード・チャータード銀行へ売却され、その3年後の1976年、同事業に携わった最後のモカッタ家の人物であるエドワード・ジョック・モカッタが死去します。1992年に同社はスタンダード・チャータード銀行の完全子会社となりますが、1997年にカナダの五大銀行の一つであるノバスコシア銀行に売却され、Scotia Mocattaと名を変えて現在に至ります。

モカッタ家の栄枯盛衰?

CLPを傘下に抱えるカドゥーリ財閥の総裁であるマイケル・カドゥーリの祖父にあたるエリ・カドゥーリ(1867-1922)が妻に迎えたのは、モカッタ家のローラでした。長男のローレンスが生まれたのが1899年なので、エリとローラが結婚したのは1890年代のことでしょう。この頃のモカッタ家は、モカッタ・ゴールドスミス商会の経営から一時手を引いていた時期にあたります。

モカッタ・ゴールドスミス商会は、ロンドン・ロスチャイルド銀行、シャープス&ピクスレー、ジョンソン・マッセイ、サミュエル・モンタギュー商会と並んで五大金塊銀行と称されたよう、20世紀に入ってもスタンダード・チャータード銀行の下、その存在感を世に示してきましたが、「モカッタ家」自体はあまり表に出てこなくなったように思います。

モカッタ・ゴールドスミス商会を名乗るようになってから約30年後の1810年、ネイサン・ロスチャイルドのライバルだったベアリング家の総帥フランシス・ベアリングがこの世を去ります。また、同年、モカッタ・ゴールドスミス商会の共同経営者であるアッシャー・ゴールドスミスの弟であるアブラハム・ゴールドスミスが自殺してしまいます。この2年前に、アッシャーの兄であるベンジャミン・ゴールドスミスも自殺していたため、ロンドン・シティにおけるベアリングとゴールドスミスの影響力は低下し、その分、ネイサン・ロスチャイルドが無敵の王者としてその存在感をますます高めたのでした。

結局のところ、モカッタ家はロスチャイルド家に飲み込まれてしまったのでしょうか、それともロスチャイルドの「赤い楯」の影へと隠れてしまっただけなのでしょうか。真実がどちらなのか、私にはわかりませんが、アジアの電力会社ですら国際金融資本の歴史の一部となっていることを思い知る良いきっかけになりました。
http://d.hatena.ne.jp/m3953/20110114


・・・ってか肝心なのは・・・



The British title system consists of two, sometimes overlapping entities, the peerage and the gentry. The peerage is a legal system of largely hereditary titles which is constituted by the ranks of British nobility. Under this system, only the senior family member bears a substantive title (duke, marquess, earl, viscount, baron). The gentry are untitled members of the upper classes, however, exceptions include baronets, knights, Scottish barons and Lairds.

The history of the Jews in Britain goes back to the reign of William I. The first written record of Jewish settlement in England dates from 1070, although Jews may have lived there since Roman times.[1] The Jewish presence continued until King Edward I's Edict of Expulsion in 1290. After the expulsion, there was no Jewish community, apart from individuals who practised Judaism secretly, until the rule of Oliver Cromwell. While Cromwell never officially readmitted Jews to Britain, a small colony of Sephardic Jews living in London, was identified in 1656 and allowed to remain. The Jewish Naturalisation Act of 1753, an attempt to legalise the Jewish presence in Britain, remained in force for only a few months. Historians commonly date Jewish Emancipation to either 1829 or 1858 when Jews were finally allowed to sit in Parliament. The first Jewish knight was Sir Solomon de Medina, knighted in 1700, with no further Jews being knighted until 1837, when Queen Victoria knighted Moses Haim Montefiore; four years later, Isaac Lyon Goldsmid was made a baronet, the first Jew to receive a hereditary title. In 1885 Nathan Mayer Rothschild, 1st Baron Rothschild became the first Jew to receive an hereditary peerage.











World Federalist Movement


世界連邦運動、、(爆wwwwwwwwwwwwww







YUDAYAKUZA@毒湯ラインなんですよ。(爆wwwwwwwww


7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Peninsula=半島

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

wlady7 さんのコメント...

日本の不良だけでなく、ローガンの様な不良外国人が増えるのは嫌ですね。怖いし。
騒々しくて、マナー違反はするし、犯罪を犯すし、無関係な一般人も巻き込まれそうになるし、真似する人も出るでしょうし。迷惑ですね。。。。
グローバリズムで民族が混ぜ混ぜになると、こういうことも起こりますね。
どこの国に行っても、郷に入れば、郷に従えという諺は尊重した方が良いかと思います。
日本はどう対処するのでしょうね。日本のルールをどう提示するか?という事ですね。
犯罪を犯した段階で、きちんと処罰するのが良いのでは?
普通、ごみは分別してゴミ箱へ。ごみとごみ以外とも分別しますよね。
人間の場合どうしましょうかね?
子供にお手本を見せられる大人であって頂きたいです。どなたも。。。。

匿名 さんのコメント...

buckeye eye eye w_w

匿名 さんのコメント...

> 子供にお手本を見せられる大人であって頂きたいです。どなたも。。。。

到底子供の見本になれない人間ほどこういう事を言う(爆)
この世で一番要らないのは口だけ達者で何の役にも立たない無能人間

匿名 さんのコメント...

サムライ気取りで礼儀正しいと錯覚して自惚れている空気も視界不良で危険でござる

wlady7 さんのコメント...

自分が子供に見せても恥ずかしくない大人であろうとする気持ちがあれば、それはその人の姿勢や言動に表れます。子供を持ち、生活の中で、大切なことを伝え続けるという日々を過ごせば、自ずと自らの姿勢は伸びます。
見本になれないのではなく、見本になりたい大人です。
この世にどのような人が要らないかは自分なりに考えれば良いことです。
どのようなコメを書くのも承認される限りは許されているのかも知れませんが、その人の品性が表れますね。
大人なら、品性は高く保つ努力をする方が素敵です。
自分の努力とプライドを高く保つことにより、視界は澄んで見えて来ると思います。
気取りではありませんが、アドバイスは受け取っておきます。

匿名 さんのコメント...

Know Your Enemy on Twitter: "Sassoon and the Hong Kong Opium Wars: A Thread… "
https://twitter.com › status
7 days ago · There was Hartung (哈同) – who is listed as “the richest of the rich” after the Sassoons, Hardoon, Kadoorie, Arnold, Abraham, Ezra and Solomon, among others. For the Sassoon's profitable ...