2017年12月26日火曜日

兵庫・篠山市に匿名寄付1億円

兵庫・篠山市に匿名寄付1億円 「市名変更に使って」
鵜飼真
2017年12月25日17時10分


兵庫県篠山市は25日、匿名希望の個人から1億円の寄付があったと発表した。市は現在、市名を「篠山」から「丹波篠山」に変更する案を議論しており、寄付者は「市名変更の際に使ってほしい」との意向を示したという。1999年の同市発足以降、1億円の寄付は最高額。

市によると、19日に1億円の寄付を申し入れる電話があった。22日に「『丹波篠山市』への市名変更にお使い願います。篠山市民の皆様が心をひとつに、益々(ますます)のご発展をお祈りいたします」とつづられた寄付者の手紙が届き、市の口座に入金されたという。

市は市名変更した場合、公共施設の銘板交換などで約6550万円の費用がかかると試算している。酒井隆明市長は「市民の合意を得られれば変更する、という方針は変わらない。寄付者には、市名が変更されなくても寄付金を返せないことは伝えており、その場合の使い道は意向を聞きながら決めたい」と話した。(鵜飼真)
https://www.asahi.com/articles/ASKDT4WDXKDTPIHB01W.html















おいらの母方の爺さんの家は元々淡路島一の大地主だったとか。
戦後、全部ボッシュートされたか小作人のものになったかなんかで全部どっかに消えちまいましたけどね。
多分、今パソナが買いまくってる淡路の土地の中には元々はおいらの家の土地も・・・(爆wwwwwwwww


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

篠山や三木はゴルフ場も多いですよね
淡路島をウィキったら「初期の天皇家との繋がりは深いらしく」
「御食国として贄を貢いだとされる」エロチカほにゃらら

匿名 さんのコメント...

「丹波篠山」市名変更で経済効果

篠山市は市の名前を「丹波篠山市」に変更した場合の経済効果を52億円余りと推計した独自の調査結果をまとめました。
篠山市は、兵庫県と京都府に広がるほかの市や町とともに古くから「丹波」という地名で親しまれてきましたが、平成16年に隣に丹波市ができてからは、特産の「丹波黒大豆」や「丹波栗」などが「丹波市だけの特産品だと誤解されている」との意見が地元で強まっていました。
このため、認知度を上げるためには市の名前を「丹波篠山市」と変更して「丹波地方の篠山だと明確にアピールすべきだ」という声が広がり、篠山市はその場合の経済効果について、シンクタンクにも依頼して独自の調査を進めていました。
その調査結果によりますと、名前を変更せずに「誤解」が続いた場合、篠山市産の農作物などのブランド力が低下し、10年間で23億3000万円の損失が生じるとしています。
一方、名前を変更した場合、農作物などのブランド力が上がって売り上げが伸びるほか、観光客の増加なども期待され、その経済効果は28億7000万円以上になるとしています。
篠山市は「あわせると52億円余りの経済効果が生まれ変更のメリットは大きい」と分析しています。
一方、名前の変更にはおよそ7000万円の経費がかかると見込むほか、住民からは反対意見もあり、今後、説明会を開くなどして議論を深めたいとしています。
04/18 17:02
kobe/2024026981.html