2017年8月27日日曜日

さい帯血無届け投与とミドリ十字と731部隊

さい帯血無届け投与問題、東京の医師ら6人逮捕
2017年08月27日 11時38分

他人のさい帯血を使った再生医療が無届けで行われていた問題で、愛媛、京都、高知、茨城4府県警の合同捜査本部は27日、さい帯血販売会社「ビー・ビー」(茨城県つくば市)社長・篠崎庸雄(52)、医師で「表参道首藤クリニック」(東京都渋谷区)院長・首藤紳介(40)両容疑者ら6人を再生医療安全性確保法違反容疑で逮捕した。

同法違反での摘発は全国で初めて。

他の逮捕者は、同社から購入したさい帯血を各地のクリニックに転売していた京都市の医療法人「愛幸会」の実質運営者・坪秀祐(60)と福岡市の医療関連会社「レクラン」(解散)元社長・井上美奈子(59)両容疑者ら4人。

発表では、篠崎、井上、首藤各容疑者らは共謀、昨年7月~今年4月、表参道首藤クリニックで6回にわたり患者4人に無届けでさい帯血を投与した疑い。坪容疑者は篠崎容疑者らと共謀し、昨年2月~今年4月、大阪市内のクリニックなどで4回にわたり患者3人に無届け投与した疑い。
2017年08月27日 11時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170827-OYT1T50032.html





臍帯血無届け投与で逮捕=販売業者や医師ら6人-初の立件・愛媛県警など

医師が臍帯(さいたい)血を無届けで患者に投与していた疑いで逮捕された「表参道首藤クリニック」=27日午後、東京都渋谷区

東京や大阪などのクリニックが他人の臍帯(さいたい)血を無届けで患者に投与していた問題で、愛媛県警などの合同捜査本部は27日、再生医療安全性確保法違反の疑いで、臍帯血の販売業者や医師ら6人を逮捕した。捜査本部は6人の認否を明らかにしていない。同法違反での立件は全国初。
逮捕されたのは、茨城県つくば市の販売業者「ビー・ビー」の代表取締役篠崎庸雄(52)=同市研究学園=、妻の無職信子(50)=同=、同社が転売した京都、福岡両府県の医療関係先の責任者をそれぞれ務めるなどしていた一般社団法人「さい帯血協会」理事坪秀祐(60)=大津市真野=、無職井上美奈子(59)=福岡市西区西の丘=、実際に無届けで投与した「表参道首藤クリニック」院長の医師首藤紳介(40)=東京都品川区上大崎=の各容疑者ら。
逮捕容疑では、篠崎、首藤両容疑者らは昨年7月から今年4月ごろ、厚生労働相に第一種再生医療等提供計画を提出せずに、6回にわたり4人に対し、東京都渋谷区の同クリニックで臍帯血を移植した疑い。また、篠崎、坪両容疑者らは昨年2月から今年4月ごろにも、大阪市や京都市の医療施設で、計3人に対し臍帯血を移植した疑い。 
臍帯血は、へその緒や胎盤に含まれる血液。さまざまな細胞のもとになる幹細胞が豊富で、白血病治療などに使われる。投与に使われた臍帯血は、2009年に経営破綻したつくば市の民間臍帯血バンクから流出した。
厚労省は今年5~6月、松山市や東京、大阪、福岡3都府県のクリニックなどに立ち入り検査を行い、12医療機関に投与の一時停止を命じた。健康被害は確認されていないという。(2017/08/27-16:52)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082700206&g=soc





日本における売血終焉

1964年以降売血は急速に減り、1968年には売血由来の輸血用血液の製造が終了した。民間血液銀行の預血制度は存続したため、預血制度が廃止され輸血用血液が完全に献血由来のものに切り替わったのは1974年のことである。
一方、血漿分画製剤用としては、1990年に原料の献血移行が行われるまで製薬会社による有償採漿が行われていたため、実質的には1974年以降も売血が存続していた事になる最後まで有償採漿を行っていたミドリ十字は1990年7月27日日本製薬は同年9月21日にそれぞれ終了している。











かつて、ヒットラー政権下のナチス・ドイツは、収容所にユダヤ人を入れ、強制労働へと駆り立てていきました。労働に耐えない人たちは、ガス室に送り、殺害しました。その時、殺害した人たちの髪の毛を剃り落とし、皮下脂肪などで石鹸を作り、



、、、(爆wwwwwwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

首藤クリニック ユニオン教会

ユニオン教会 カネディアンヒル

ミネ さんのコメント...

血といえばミドリ ハイハイ731でいたら
オチで石鹸。。。

そうなんだけど なんか不意感あって キャーッ すよw
ホント石鹸とか蝋とか