2017年6月25日日曜日

発煙筒事件 平手友梨奈@鳥居坂46を狙った阿部凌平









欅坂46の握手会で刃物男 「メンバーを殺そうと思った」 発炎筒たき騒動に

 アイドルグループ・欅坂46が24日に千葉市の幕張メッセで開催した握手会で、来場者が発煙筒のようなものに火をつける騒ぎが起きた。刃物を所持していたとして、銃刀法違反容疑で札幌市在住の無職阿部凌平容疑者(24)が現行犯逮捕された。「メンバーの女性を刺して殺そうと思った」と供述している。

 午後7時40分ごろ、センターを務める人気メンバー・平手友梨奈(16)らが控えるレーンの付近で、騒動が発生。市消防局によると、消火器が使われたが、ケガ人はいなかったという。平手を含む複数メンバーが避難して、当該メンバーの握手はそのまま中止に。現場から離れたレーンのメンバーは、イベントを継続した。

 25日に予定されている握手会は開催するが、平手ら一部メンバーの参加は未定という。
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/25/0010312724.shtml




2016年10月27日
【欅坂46】ナチス・コスプレで海外大炎上
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51641169.html





鳥居坂(とりいざか、鳥井坂)は、東京都港区麻布にある坂である。

東京都港区六本木五丁目、フィリピン大使館東洋英和女学院前を南に下る坂である[1]。坂沿いの西側には東洋英和女学院小学部があるほか、大手レコード会社ビーインググループの本社社屋もある。
明治時代末期から大正時代頃までの鳥居坂周辺は優雅な地域で、華族三条家の邸宅をはじめ、韓国皇太子が育てられている館、実吉家大鳥圭介の邸宅などが連なっていたという[2]
鳥居坂には明治時代、造園家市川之雄設計による鳥居坂御料地が置かれた。また、1883年明治16年)には日本メソジスト教会鳥居坂教会(現、日本基督教団)が作られ、翌1884年(明治17年)になると東洋英和女学校が開校している。

坂名の由来

江戸時代地誌『江戸砂子』は坂名について、「慶長のころ、この地は鳥居彦右衛門に賜ひしところなり。よりてかく鳥居坂の名あり」と記している。また、同じく江戸時代に作成された寛文図によれば、この坂が出来る前、この一帯は「トリイ兵部」という者の屋敷で[1]、『府内沿革図書』の延宝年間より享保8年に至るまでの図面にも、この坂上に鳥居氏の屋敷が記載されている[3]

一方、『新撰東京名所図会』は、「むかし坂の上に鳥居左京亮の屋敷ありしに因り此の名あり」と鳥井氏の屋敷があったことに因むという一般的な説を紹介すると同時に、「一説に麻布氷川神社むかし大社にて二の鳥居此所にありしを以って称し来りと」と、かつて坂上に神社の鳥居があったことにちなんでいるという異説にも言及している。

江戸時代・幕末まで、鳥居坂には多度津藩京極家の江戸屋敷があり、同藩の第3代藩主京極高文が死去したのもこの屋敷であった。
明治時代になるとここは公爵井上馨の所有となり、1887年(明治20年)には邸内で明治天皇夫妻らを招いた天覧歌舞伎が行われている。屋敷はその後久邇宮邸となり、次いで大正銀行頭取も務めた実業家・赤星鉄馬の邸宅となった。

しかしながら屋敷は1923年(大正12年)の関東大震災により倒壊、三菱財閥総帥岩崎小弥太の邸宅として再建された。太平洋戦争での日本の敗戦と財閥解体を経て国有地となっていた多度津藩江戸屋敷跡は民間に払い下げられ、1955年昭和30年)に国際文化会館が開館した。



出自は紀伊国熊野権現の神職の家柄である。鳥居氏の祖である熊野新宮第19代別当行範(重氏)は平清盛から平氏の姓を賜り平氏と称し、通称「鳥居法眼」と呼ばれた。承久の乱以降の行忠の代には、三河国矢作庄に移り、土着して忠氏と改名したと伝わる。
室町時代において三河で勢力を伸ばした松平氏徳川氏)に仕えるようになった。戦国時代では鳥居伊賀忠吉彦右衛門元忠の父子が著名である。
忠吉は今川氏の傘下において、主のない岡崎城で松平党を崩壊させずに保ち続けた。駿府で身柄を預けられている幼主・竹千代には、子息・元忠を付随させた。
その元忠は、家康より3歳年長ということもあり、家康の生涯にあった大小あらゆる合戦に参戦した。その集大成は関ヶ原の戦いの前哨戦に当たる伏見城の戦いである。800人の兵で石田三成率いる数万の大軍と渡り合い、深溝松平家忠らと供に戦死した元忠は、のちに「三河武士の鑑」と称えられた。
徳川政権下では、元忠の子・左京亮忠政土佐守成次などが大名旗本となっている。鳥居宗家(左京亮家)は最大で24万石の大身となるが、元忠の孫・左京亮忠恒の代で無嗣断絶となった。しかし、元忠の功績を鑑みた公儀の計らいにより、忠恒の異母弟・主膳正忠春が減石ではあったが、改めて大名に認められた。
幕末には、庶流の旗本家から鳥居耀蔵大給松平氏出身、林述斎の子)が出て、目付南町奉行を務めたが、天保の改革での厳しい取り締まりや捜査手法などから名の耀蔵(ようぞう)から「よう」・官位の甲斐守(かいのかみ)から「かい」を取り「ようかい(妖怪)」と蔑まれた。
現在、鳥居宗家は壬生に存在する。また、下野国であった栃木県内に散らばる多くの鳥居姓は、この鳥居氏の末裔たちである。愛知県岡崎市には鳥居氏発祥地の碑がある。

壬生藩鳥居氏の側近には斎藤氏森田氏井山氏佐々木氏の4氏がいた。その4氏の中でも、森田氏は鳥居家武芸教授指南役方、井山氏・佐々木氏は壬生城護衛方、斎藤氏は鳥居家台所役を預かる忠実な部下だったとの話がある。




趣味はの研究と釣りバラの栽培で、新橋花柳界では粋人として知られた。

家族

  • 父、赤星弥之助(1853-1904)は武器などの軍需品を扱う政府御用達貿易商として富を築いた実業家鹿児島県出身。磯長孫四郎の子で赤星家の養子となり、東京で金貸し業などの事業に関係し財をなした[6]旧薩摩藩の海軍御用掛、神戸港の建設などで巨富を得た。平塚市立美術館に黒田清輝筆による肖像画が所蔵されている。
  • 母シズは樺山資紀の姪[7]。樺山は弥之助のいとこでもあった。弥之助は樺山の視察団に加わって欧米を回り、アームストロング社から大砲販売の独占販売代理店、すなわちエージェントになる権利を取得した。その後、クルップ社の仕事にも関わった。いわば「死の商人」の日本代理店であった[8]
  • 弟の赤星四郎と六郎ゴルフ界で活躍し、プロ育成やコース設計に尽力して日本の近代ゴルフの礎を築いた。二人とも鉄馬同様、アメリカの大学に留学歴がある(四郎は鉄馬と同じペンシルベニア大学)。
  • 叔父(父・弥之助の実兄)に長澤鼎[9]
  • 親戚に樺山愛輔(父・弥之助の母方の親族)
ja.wikipedia.org/wiki/赤星鉄馬


で、白洲次郎の嫁さんへと・・・(爆wwwwww

もう面倒くさいので説明は省く。(爆wwwwwwww

0 件のコメント: