2017年5月16日火曜日

東京芝浦電気

北白川 道久(きたしらかわ みちひさ、1937年5月2日 - )は、日本元皇族。皇族時代の名前は、北白川宮道久王北白川宮永久王同妃祥子長男。北白川家の現当主である。
1940年昭和15年)に父・永久王が事故により薨去。3歳で北白川宮家を継承。未成年のため終戦時の宮家の当主の中で唯一の非軍人だった。
第二次世界大戦後の1947年昭和22年)10月14日皇籍離脱し、以後は北白川道久となる。1960年昭和35年)学習院大学政経学部卒業後、東京芝浦電気に入社し、東芝国際交流財団専務など歴任し2000年に定年退職[1]
2001年平成13年)4月]、伊勢神宮大宮司に就任。2005年平成17年)11月15日、紀宮清子内親王(現・黒田清子)の結婚式において、斎主を務めている。2007年平成19年)7月]に退任。
現在、霞会館理事長(2007年5月30日 - )の他、学習院の同窓会である学習院桜友会理事[2]中等科・高等科桜友会会長[3](2008年3月1日 - [4])、日本会議顧問を務めている[5]
2011年(平成23年)6月4日付けにて神社本庁統理に就任した。
島津忠承の三女・慶子夫人との間に三女があり、うち二人が徳仁親王の「お妃候補」であるとマスコミに報じられたことがある[6][
















日本政府が債務保証検討=東芝の半導体売却―英紙

【ニューヨーク時事】15日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、東芝の記憶用半導体フラッシュメモリー事業売却をめぐり、日本政府が最大9000億円の債務保証を行うことを検討していると報じた。
政府は半導体技術の海外流出を懸念しており、債務保証によって政府系ファンドの産業革新機構を中心とした陣営の買収を後押しする狙いがあるという。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000004-jij-bus_all


、、、(爆wwwwwwww

0 件のコメント: