2017年3月7日火曜日

ユダメリカと世界連邦軍 Has Fallen




Titan Chemicals began as a joint-venture in which Datuk Chao Ting Tsung, through The Chao Group International]and Permodalan Nasional Berhad (PNB), through its wholly owned subsidiary, PNB Equity Resources Corporation (PERC), have major interest.[







HOUSTON, March 10 /PRNewswire-FirstCall/ -- Westlake Chemical
Corporation (NYSE: WLK) today announced the passing of Ting Tsung "T.T."
Chao, a global leader in the petrochemical and plastics industry and
founder and former Chairman of the Board of Directors of Westlake Chemical
Corporation. Mr. Chao passed away peacefully on March 7, 2008. He was 86
years old.
(Photo: http://www.newscom.com/cgi-bin/prnh/20080310/LAM075)
During his 60-year career, Mr. Chao pioneered the petrochemical
industry in Taiwan and Southeast Asia. He also founded plastics and
fabrication companies throughout the world, including ventures in the
United States, Canada, China, and Hong Kong.
Born in Suzhou, China in 1921, Mr. Chao moved to Taiwan with his family
in 1946.
In 1954, he built Taiwan's first polyvinyl chloride (PVC) plant;
and in 1964, he founded China General Plastics Group, which grew to include
many of the largest plastics manufacturers in Asia. Mr. Chao entered the
U.S. market in 1986 with the creation of what is today Westlake Chemical
Corporation, a NYSE listed company. Concurrently, he also established Titan
Chemicals Corporation, the first and largest petrochemical company in
Malaysia. For his contributions to the country, he was conferred the title
of Datuk (P.J.N.) by the
King of Malaysia. In 1992
, Mr. Chao completed the
circle by investing in PVC resin and film plants in Suzhou, China. In 2005,
Mr. Chao was recognized by the Chemical Heritage Foundation in the U.S. for
his contribution to the development of the petrochemical industry and was
awarded the Petrochemical Heritage Award.
T. T. Chao was a loving husband, father and grandfather. He will be
remembered as an entrepreneur, a philanthropist, and a man of singular
generosity. Throughout his life, Mr. Chao made significant contributions to
healthcare, educational, social, and cultural organizations around the
world. He inspired all who met him and set a standard of excellence for
others to follow.
Mr. Chao is survived by his wife, Wei Fong Chao, and his family,
including Dorothy Jenkins, a company director, James Chao, Chairman of the
Board of Directors and Albert Chao, President & CEO and a director of the
company, their spouses, and seven grandchildren.
SOURCE Westlake Chemical Corporation




日中衝突劇を演出したヘリテージ財団

櫻井よしこ理事長の『国家基本問題研究所』には、石原慎太郎理事と、ジェームス・アワー客員研究員がいる。アワー氏は尖閣諸島などを維持するため主要な島への兵力常駐と警戒活動を説く。石原氏の主張でもある。

軍需企業の献金を受ける「ヘリテージ財団」で2012年4月、石原氏は「尖閣諸島購入発言」。

「ヘリテージ財団」エレーン・チャオ氏の父、ジェームズ・チャオ氏は江沢民元国家主席と上海交通大学で同級生。エレーンは、上海のつてを頼り、中国から財団への寄付金を集めるのに成功。

石原氏は米中が描いたシナリオに乗っかって日中紛争を引き起こす要因を作った。もちろん、石原氏の意志ではなく「乗せられた」と見るべきだろう。

1972年、日中国交回復後、棚上げになっていた「尖閣問題」。
実行支配を続けてあと60年、100年過ぎれば、領有権問題では圧倒的に有利だった。すでに、実行支配している領土について、日本側から問題にするメリットは皆無である。今回の騒動で、日本政府が存在しないと強弁しようと、「尖閣問題」が日中の領土問題として国際的に認知されたことに変わりはない。

江沢民の上海マネーの献金を受けた「ヘリテージ財団」での「尖閣購入発言」で、最大の受益者は中国である



 その一方、トランプ人事では、中国大使に習主席の〝旧友″、アイオワ州知事のテリー・ブランスタド氏の起用を決めている。閣僚人事でも、華人系移民1世のイレーン・チャオ(趙小蘭)氏が運輸長官に指名された。夫は共和党の大物ミッチ・マコネル上院議員だが、ハーバード大ビジネススクールで修士号を取得した才媛のチャオ氏は、レーガン政権時代にホワイトハウス実習生に選ばれ、ブッシュ(親子)政権時に運輸副長官や労働長官などを務め、「米国において、アジア系女性初の閣僚」となった人物。だから〝目新しい人事″ではない。

ただ、選挙中から公共インフラ事業に今後10年間で約1兆ドルを投じる考えを示していたトランプ次期大統領による、「中国マネーを期待しての采配」とも受け取れる。上海出身の父ジェームズ・チャオ(趙錫成)氏は台湾へ渡った後、家族と共に米国へ移住し、NYを拠点に船会社を経営して大富豪になるが、「江沢民氏と上海交通大学で同級生だった」とされる。

1994年、父ジェームズ氏は娘のチャオ氏を連れて江沢民国家主席と面会しており、1997年に江主席が米国を公式訪問した際には、チャオ氏と夫マコネル氏が20分間プライベートで面談。2011年1月、オバマ大統領主催のホワイトハウスでの胡錦濤国家主席の歓迎晩餐会にも、チャオ氏は招待されている。翌年2月に訪米した習近平次期国家主席は、彼女を「井戸を掘った人」と称えた。

チャオ親子は、主に共和党の上院議員が〝紅い関係″に浸かっていく中での立役者でもある。民主党のクリントン政権とオバマ政権の時代、チャオ氏は保守系のヘリテージ財団の特別研究員を務めたが、「財団へ中国マネーを注入させた」とも報じられた。

だが、あからさまな親中派ではない。チャオ親子は10月、台湾を訪れ蔡英文総統と面談をしている。「民主主義を愛する」同士なのかもしれない。

トランプ大統領の誕生で、世界は再び動き出す。日本もチャレンジングな時期を迎える。
https://vpoint.jp/column/79181.html/amp













、、、、(爆wwwwwwww



おまけ










→半田@ワールドメイト





→ユダヤ教

















、、、(爆wwwwwwwwww

0 件のコメント: