2017年1月7日土曜日

アメリカ産のシェールガスを初めて輸入

アメリカ産のシェールガスを初めて輸入
1月6日 13時59分

アメリカで生産された天然ガスの一種、シェールガスを積んだ大型タンカーが新潟県の港に到着し、国内で初めて、アメリカ産のシェールガスが輸入されました。

輸入したのは東京電力と中部電力の統合会社で、6日朝、LNG=液化天然ガスとなったシェールガス、およそ7万トンを積んだ大型タンカーが新潟県上越市の港に到着しました。

アメリカ南部から大型タンカーを使って運搬するために必要な、パナマ運河の拡張工事が去年6月に終わり、航行が可能となったことから、コストや時間を短縮できるとして、輸入することになりました。

輸入されたシェールガスは今後、上越市の中部電力上越火力発電所で火力発電の燃料として利用されます。

天然ガスの輸入価格は原油価格に連動して決まるのが一般的ですが、今回輸入するシェールガスの価格は、原油価格ではなくガスの需給で決まることから、原油高の局面では、調達価格を抑えることにつながると期待されています。

また、日本は天然ガスをオーストラリアや中東などから輸入していますが、アメリカ産のシェールガスが加わることで、今後、燃料の調達先の多角化につながるとみられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170106/k10010830861000.html

これからも米国で車を売りたいのなら、カタールとマレーシアからの輸入を米国とロシアに切り替えていく必要があるかもね。(爆wwwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

多角化(笑)とか言ってないで移動距離なら断然ロシア、安全性や品質なら
アメリカに決まってるでしょうから、紛争地域とかテロリスト潜伏地域
なんかさっさと切ってしまうべき(笑)
発展途上土人国家にビジネス感覚や契約履行意識なんてあるわけないし
ライフラインに選ぶなんてリスク高すぎますからwwwww

匿名 さんのコメント...

日清 CM
http://www.cupnoodle.jp/s/obakasuniversity/

匿名 さんのコメント...

コスモ石油 テキサス ヒューストン 原油 30万バレル