2017年1月12日木曜日

パン・ギムン(潘基文)の親族を賄賂で起訴 米司法省

前国連事務総長の親族 賄賂贈ろうとしたとして起訴
1月11日 14時39分

国連の事務総長を先月退任したパン・ギムン(潘基文)氏の親族が、不動産の売却をめぐって、中東の政府当局者に賄賂を贈ろうとしたとして、アメリカの司法当局に起訴されたことがわかり、ことし行われる韓国の大統領選挙で有力候補に挙げられるパン氏に、どのような影響が及ぶか注目されます。

アメリカ司法省が10日に行った発表によりますと、韓国の建設会社の幹部とニューヨークで不動産業を営むこの幹部の息子が、ベトナムにある超高層ビルを中東の投資ファンドに8億ドルで売却するため、中東の政府当局者に250万ドルの賄賂を贈ろうとしたとして、ニューヨークの司法当局に起訴されました。
建設会社の幹部は国連のパン・ギムン前事務総長の弟、不動産業者はおいに当たります。

パン氏の在任中に行われた国連の定例記者会見では、事件との関わりについての質問が何度か出ましたが、いずれも報道官はコメントすることはないと答えていました。

パン氏は、韓国の次の大統領に誰がふさわしいかという世論調査で上位に位置する有力候補の1人で、国連事務総長の2期10年の任期を先月終えて12日に帰国する予定ですが、その直前に親族の起訴が発表されたことで、パン氏にどのような影響が及ぶか注目されます。
パン氏事務所報道官「本人はとても驚いたようだ」

パン・ギムン氏のソウル事務所のイ・ドウン(李度運)報道官は、11日午前の記者会見で、「本人は報道を見て知り、とても驚いたようだ。そのことについて、全く知らなかった。現地で捜査中のため、結果が出てから、それにしたがって対応する」と述べ、あくまでも事件と関係はないと強調しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170111/k10010835421000.html

日本はさっさと韓国と断交せんとあかんね。(爆wwwwwww



World News | Tue Jan 10, 2017 | 10:56pm EST
U.S. charges former U.N. chief Ban's relatives in bribery case


U.S. prosecutors on Tuesday accused two relatives of former United Nations Secretary-General Ban Ki-Moon of engaging in a scheme to bribe a Middle Eastern official in connection with the attempted $800 million sale of a building complex in Vietnam.

Joo Hyun Bahn, a real estate broker who is Ban Ki-Moon's nephew, and his father Ban Ki-sang, Ban Ki-moon's brother who was an executive at South Korean construction firm Keangnam Enterprises Co Ltd, were charged in an indictment filed in Manhattan federal court.

The indictment also charged Malcolm Harris, a self-described arts and fashion consultant and blogger, who prosecutors say double-crossed Bahn and his father by holding himself out as an agent of the official only to steal the bribe money.

Bahn, a South Korean national living in New Jersey, pleaded not guilty during a court hearing, where a prosecutor argued unsuccessfully against the 38-year-old's release on a $250,000 bond, calling him a flight risk.

He had been arrested earlier on Tuesday, as was Sang Woo, 35, who prosecutors said participated in the scheme while working at two New York real estate brokerages with Bahn.

Neither Harris, 52, of New York, nor Ban Ki-sang, 69, of Seoul, were arrested, prosecutors said. They could not be immediately reached for comment.

The charges came after Ban Ki-moon stepped down as U.N. Secretary-General on Dec. 31, 2016. A former foreign minister of South Korea, Ban is expected to enter the race to become the country's next president, though he has yet to declare his intention to do so.

Yoon Won-joong, a spokesman for Ban Ki-moon, said he was "surprised" by the reports on the case and had no knowledge of the matter.

LANDMARK 72

According to the indictment, amid a liquidity crisis at Keangnam, Ban Ki-sang arranged for the company to hire his son to broker a refinancing on Landmark 72 in Hanoi, which cost over $1 billion to construct.

In March 2013, Bahn, who had no prior experience with such a deal, through an acquaintance met Harris, who claimed he could help via his connections, which he claimed included members of a Middle Eastern royal family, the indictment said.

Based on communications with Harris, in April 2014, Bahn and Ban Ki-sang agreed to pay an upfront $500,000 bribe and another $2 million upon the sale's closing to an official at the Middle Eastern country's sovereign wealth fund, the indictment said.

But Harris did not have the relationship he claimed with the official, the indictment said, and stole the $500,000, which he spent lavishly, including to rent a luxury penthouse in the Brooklyn neighborhood of Williamsburg.

As Keangnam's liquidity crisis worsened, Bahn - believing the bribe had been paid and would work out - schemed to trick Keangnam and its creditors into believing the sovereign wealth fund was close to acquiring Landmark 72, the indictment said.

But when the deal ultimately failed to materialize, Keangnam entered into court receivership in South Korea, according to court papers.

"MASTER OF DECEIT"

At a court hearing, Assistant U.S. Attorney Daniel Noble urged a federal magistrate judge to deny Bahn bail, saying his South Korean citizenship and "family ties to the diplomatic world" were one of several factors that made him a flight risk.

He also said that after the FBI arrested Bahn in the morning, he made "certain incriminating admissions." Noble did not elaborate, but said the evidence showed Bahn was a "recidivist fraudster" who posed a danger to the community.

"He has shown himself to be a master of deceit," Noble said.

But Julia Gatto, Bahn's court-appointed lawyer, swayed U.S. Magistrate Judge Kevin Fox to grant her client bail.

She noted he had no passport, had lived in the United States for 18 years and had not been back to South Korea since 2002. Gatto said Bahn had been cooperative during his arrest and posed no flight risk.

(Reporting by Nate Raymond in New York; additional reporting by Michelle Nichols at the United Nations; Editing by G Crosse and Bernard Orr)
http://www.reuters.com/article/us-usa-corruption-idUSKBN14U2FW?il=0


京南ハノイランドマークタワー(カンナム・ハノイ・ランドマークタワー、英語: Keangnam Hanoi Landmark Tower)はベトナムの首都ハノイ市カウザイ区ファムフン大通りに位置する超高層ビル。ファムフン地区は新興住宅地・新興ビジネス地区で、このビルの周囲はKPMGスタンダードチャータード銀行プライスウォーターハウスクーパースLG電子などグローバル企業の本部建設用地として確保されている。
ハノイランドマークタワー・コンプレックスは高さ350メートル・72階建てのオフィスタワー「ランドマーク72」と、48階建ての高層住宅2棟よりなる。ランドマーク72は46,054平方メートルの敷地に建ち、延床面積は609,673平方メートルになり、ビル1棟での延床面積の大きさでは世界でも有数のものである。
ハノイランドマークタワー・コンプレックスには5つ星高級ホテル(インターコンチネンタルホテルズグループが運営する「インターコンチネンタル・ハノイ・ランドマーク72」、62階から70階を占め、71階にホテル・クラブ・ラウンジを置く)、オフィス、商業施設などが入居し、2012年5月18日に開業した。ランドマーク72は完成時点で世界で35番目の高さの超高層ビルで、ベトナムおよびインドシナ半島では最高層のビルであった。これ以前のベトナム最高の超高層ビルはホーチミン市ビテクスコ・フィナンシャルタワー(68階建て、262メートル)であった。

このビルの開発・建設・運営にあたっているのは、大韓民国の建設会社・京南企業(キョンナム、Keangnam Enterprises, Ltd.)で、投資額は10億5000万ドルと見積もられている[1]2008年に計画が始まり、2010年11月の段階でビルは高さ300メートルに達し、ベトナム一高い建築物となった。2011年1月24日には350メートルでの上棟式が行われた。住宅2棟はその数か月前に高さ212メートルまでの上棟式を終えた。
















 【ニューヨーク=大塚節雄】トランプ次期米大統領は選挙後初めてとなる11日の記者会見で、日本に2回言及した。ともに貿易不均衡の相手先として攻撃している中国とメキシコと並べて呼んだ。
具体的な問題には言及しなかったものの、貿易赤字の解消策の矛先が今後、日本に向かう可能性も懸念されそうだ。

 1回目は貿易不均衡の問題を論じるなかで「我々は中国との間で数千億ドルの貿易赤字を抱えている」と言ったのに続けて「日本、メキシコ、ほかのすべての国との間でもだ」と指摘した。
そのうえで、新政権での「スマートで成功した人々」によって、米国に有利になる対外交渉を進める意向を示唆した。

 2回目は終盤近く。ロシアや中国などが「我々を完全に経済的に利用してきた」と話し、中国の南シナ海での軍事拠点整備に言及した。
そのうえで「ロシア、中国、日本、メキシコ、すべての国が、過去の政権のときよりも、もっと我々を尊敬するようになるだろう」との見方を示した。

 2回とも中国やメキシコなどに付け足すように言及されており、日本に関する具体的な問題を指摘したり批判したりしたわけではない。現在では米国の対日貿易赤字も中国に比べ極めて小さく、深刻な貿易摩擦の火種があるわけではない。

 とはいえ、トランプ氏はトヨタ自動車のメキシコ新工場の新設を批判し、企業への介入の対象を日本企業にまで広げたばかり。新政権には、ライトハイザー次期米通商代表部(USTR)代表ら、かつての対日強硬派もいる。
日本政府や経済界は、大統領就任後のトランプ氏の日本に関する発言に神経をとがらせることになりそうだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN12H03_S7A110C1000000/

、、、(爆wwwwwwww

8 件のコメント:

ミネ さんのコメント...

元号なんかよか もう国号レベルだゎ

英米にごますりうまくできないんなら

せめて脱亜くらいして
法律から何から後進国すぎて先進国に留まってくんなきゃ困るのに
先進国名乗りやめた方がいいんじゃないかって気に物凄くさせられる

匿名 さんのコメント...

青森県知事が韓国訪問「共同繁栄のため、実質的な交流活性化を議論」
>http://www.moeruasia.net/archives/49265495.html

匿名 さんのコメント...

ほとんど違法行為
https://www.youtube.com/watch?v=LUJfEGJL9OQ

匿名 さんのコメント...

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170110-OYT1T50130.html
これじゃあ遅いんでしょうね。

匿名 さんのコメント...

国連脱退するにはちょうどいい口実っすなー
米は経済的にも独立可能だからいいだろうけど
日本は金蔓として当分このままでしょうなwwwww

匿名 さんのコメント...

米議会、オバマケア廃止に向け一歩 上院が17年度予算案可決
http://jp.wsj.com/articles/SB10558161838683014507104582554531372862686

【ワシントン】米上院は12日未明、2017年度予算決議案を僅差で可決した。
医療保険制度改革法(通称オバマケア)の廃止に向けた最初の大きなハードルを乗り越えたことになる。


日本も払うべきでない層への手厚すぎる保険制度を見直すべきwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

タイ王室、国王の権限で憲法草案の修正を要請 政府も合意=首相| ロイター

匿名 さんのコメント...

Racism in Thailand