2016年12月8日木曜日

インドネシアのスマトラ島北部アチェ州でM6・5地震…94人死亡

スマトラでM6・5地震…94人死亡、倒壊多数
2016年12月07日 20時59分

 【ジャカルタ=池田慶太】インドネシアのスマトラ島北部アチェ州で7日朝、強い地震があり、同国の防災当局は94人が死亡したと発表した。

 住宅やモスク(イスラム教礼拝所)など多数の建物が倒壊し、がれきの中に人が閉じこめられているとみられ、死者が増える可能性もある。

 米地質調査所(USGS)によると、地震の規模はマグニチュード(M)6・5。震源は州都バンダアチェの南東約90キロ・メートルで、震源の深さは約8・2キロ・メートルと推定される。津波は観測されていない。

 インドネシアでは2004年12月、スマトラ島沖地震(M9・1)が発生し、同州では地震と津波で多くの犠牲者が出た。震源に近いピディジャヤに住むフィトリアニさん(31)は国営アンタラ通信に、「津波が来ると思い、内陸に逃げた。すごい揺れだった」と話した。ジョコ大統領は救助に全力を挙げるよう関係当局に指示した。
2016年12月07日 20時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/world/20161207-OYT1T50049.html

Aceh is thought to have been the place where the spread of Islam in Indonesia began, and was a key factor of the spread of Islam in Southeast Asia. Islam reached Aceh (Kingdoms of Fansur and Lamuri) around 1250 AD. In the early seventeenth century the Sultanate of Aceh was the most wealthy, powerful and cultivated state in the Malacca Straits region. Aceh has a history of political independence and resistance to control by outsiders, including the former Dutch colonists and the Indonesian government.
Aceh has substantial natural resources, including oil and natural gas; some estimates put Aceh gas reserves as being the largest in the world. Relative to most of Indonesia, it is a religiously conservative area.[3] It has the highest proportion of Muslims in Indonesia, who mostly live according to Sharia customs and laws.[4]Aceh was the closest point of land to the epicenter of the 2004 Indian Ocean earthquake and tsunami, which devastated much of the western coast of the province. Approximately 170,000 Indonesians were killed or went missing in the disaster.[5] The disaster helped precipitate the peace agreement between the government of Indonesia and the Free Aceh Movement (GAM).




1942年オランダ領東インド全域を占領した日本軍をアチェ側は当初解放軍として歓迎し日本軍も独立運動に着手した、のちの独立運動時に元日本軍がこの地でオランダ軍と戦闘になり死亡している。1949年インドネシアがオランダから独立すると、スカルノ大統領の政府はアチェを北スマトラ州に併合、アチェ人はこれを外国の占領とみなし抵抗した。このため、インドネシア共和国政府は1959年アチェを特別州とし、高度な自治を認めたが、抵抗運動はなお続いた。


日本語WIKIに無い箇所

During World War II, Japanese troops occupied Aceh. The Acehnese Ulama (Islamic clerics) fought against both the Dutch and the Japanese, revolting against the Dutch in February 1942 and against Japan in November 1942. The revolt was led by the All-Aceh Religious Scholars' Association ( PUSA). The Japanese suffered 18 dead in the uprising while they slaughtered up to 100 or over 120 Acehnese.[17][18] The revolt happened in Bayu and was centered around Tjot Plieng village's religious school.[19][20][21][22] During the revolt, the Japanese troops armed with mortars and machine guns were charged by sword wielding Acehnese under Teungku Abduldjalil (Tengku Abdul Djalil) in Buloh Gampong Teungah and Tjot Plieng on 10 and 13 November.[23][24][25][26][27][28][29] On May 1945 the Acehnese rebelled again.[30] The religious ulama party gained ascendancy to replace district warlords (uleebalang) party that formerly collaborated with the Dutch. Concrete bunkers still line the northernmost beaches.


白人植民地支配からの解放(笑)、、、(爆wwwwww

イスラム法(シャリーア)に基づく州条例を制定する自治権が認められており、飲酒、賭博、売春などイスラム法に違反した者はカーディー裁判によって裁かれる。元来保守派イスラム教徒の住民が大半を占めていることから、インドネシアの他の州に比べて厳しいイスラム法が実施されている。 2009年にアチェ州議会でジナの罪に石打ち刑を科す条例が可決され、問題になっている[1]。通常の警察のほか、シャリーア警察が存在し、「不道徳行為」を行っている人はいないかをパトロールしている[2]
2015年以降は、シャリーアの対象がムスリム以外にも適用されるようになっており、キリスト教徒が酒を販売したとして、鞭打ちに処されたこともある[3]
/ja.wikipedia.org/wiki/アチェ州

、、、(爆wwwwwwwww

0 件のコメント: