2016年11月27日日曜日

やっぱマジックなんですよ。(爆w









桐紋(きりもん)とは、ゴマノハグサ科キリの葉や花を図案化した家紋の総称である。桐花紋(とうかもん)とも呼ばれる。
室町幕府では小判などの貨幣に刻印され、これ以来皇室室町幕府豊臣政権など様々な政府が用いており、現在では日本国政府紋章として用いられている。
3本の直立する花序と3枚のから構成されているものが基本的図案である。花序につく花の数が3-5-3の五三桐(ごさんのきり・ごさんぎり)が一般的で、花序につく花の数が5-7-5となっているものは五七桐(ごしちのきり・ごしちぎり)という。ほかに、「乱れ桐」・「桐菱」・「光琳桐」・「桐車」など140種以上の図案がある。

古代中国で鳳凰が棲むといういわれのある桐とは、アオギリ(梧桐)である。日本で使用されている桐紋はこの伝承に倣ってのものであるが、桐紋としてデザインされているのは別種のキリ(白桐)である。



アオギリ青桐、梧桐、学名: Firmiana simplex)は、アオイ科(従来の分類ではアオギリ科アオギリ属落葉高木
庭木街路樹にし、材を建具家具楽器などとする。種子は古くは食用にされ、太平洋戦争中には炒ってコーヒーの代用品にした。
栽培は、主に春に発芽前の若枝を切って挿し木して育成される[2]
種子は「梧桐子(ごどうし)」と呼ばれる生薬として用いられ、胃痛、下痢の薬効作用がある。葉は、煎じたものを服用することにより、浮腫、高血圧に対し薬効作用があるとされる[2]
中国では鳳凰が住む樹とされた[3]伏羲がはじめて桐の木を削って古琴を作ったという伝説がある(ただしアオギリかキリか不明)[4]
中国人の季節感と深い関係があり、七十二候のひとつに「桐始華」(清明初候)がある。またアオギリの葉が色づくのは秋の代表的な景色であり、王昌齢「長信秋詞・其一」に「金井梧桐秋葉黄」の句がある。また白居易長恨歌」には「秋雨梧桐葉落時」という。

中国の伝説ではアオギリの枝には12枚の葉がつくが、閏月のある年には13枚つくといわれた[5]


キリ(桐、学名: Paulownia tomentosa)は、シソ目キリ科 Paulowniaceae。以前はゴマノハグサ科に分類していた(あるいはノウゼンカズラ科)。キリ属落葉広葉樹漢語の別名として白桐、泡桐、榮。
属名はシーボルトが『日本植物誌』(1835年)においてアンナ・パヴロヴナ献名したもの。ただしシーボルトが与えた学名はP. imperialisであり、後にツンベルク1783年ノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属としてBignonia tomentosaと命名していたことが判明して1841年に現在のものに改められた[1]
キリとアオギリはまったく異なる種である。中国で古くから両方に「桐」の字を用いているために混乱が生じている。『斉民要術』ではアオギリを「青桐」、キリを「白桐」と呼び分けている[2]。現在の中国ではアオギリを「梧桐」、キリを「泡桐」と呼ぶ。アブラギリも葉の形が似ているだけでまったく異なるが、おなじく桐と呼ばれる。

英語の「princess tree」は、属名の Paulownia の語源であるアンナ・パヴロヴナロシア大公女であったことに基づく。























、、、(爆wwwwwwwwww

12 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

キリ・・・キリ・・・キリスト!w
じゃなかったキリキリバサラ!(爆)

匿名 さんのコメント...

なんか見つけたのでオマケでw

吉里吉里駅
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8C%E5%90%89%E9%87%8C%E9%A7%85

桐一葉 さんのコメント...

桐一葉落つるは軍権必滅の凶兆なり散りて悲哀と不運ぞ積るのみ

春再び来る前、降るアメリカの爆弾は、梧桐の搖落する如く、悲運と不幸を来すべし

匿名 さんのコメント...

Triquetra

匿名 さんのコメント...

888 riddles

匿名 さんのコメント...

六芒星

匿名 さんのコメント...

japan symbol hexagram paulownia

匿名 さんのコメント...

5+1

7-1

匿名 さんのコメント...

桐 つぼみ 花

ご近所 さんのコメント...

桐、という文字が苗字につく方々とかw

匿名 さんのコメント...

ww2 magic ultra

GABRIEL さんのコメント...

桐扱わないのかなー
と実は思っていた(笑)

理由は端折るわ