2016年10月8日土曜日

パンチョッパリの最終ケツモチたる皇室は本質的に唐物、高麗物好きの阿Qサマナ





社告
高麗仏画−香りたつ装飾美 来月3日から京都・泉屋博古館
毎日新聞2016年10月8日 大阪朝刊

<ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

特別展「高麗仏画−香りたつ装飾美−」を11月3日から京都市左京区の泉屋(せんおく)博古館で開催します。
修復された名品も

高麗仏画は、朝鮮・高麗王朝(918〜1392年)で、高い美意識とあつい信仰心によって生み出された仏教絵画です。柔和な表情、繊細な文様の衣、優美で上品な色彩などの特徴を持つ高麗仏画は、東アジア絵画史の中でも独特の光彩を放つものとして高く評価されています。

現存する高麗仏画はわずか160点ほど。本展では、代表作の一つで、修復後初公開となる重要文化財「水月観音像(楊柳観音像)」(徐九方筆、1323年、泉屋博古館蔵)をはじめ、国内では長い間展示される機会がなかった高麗仏画と、同時代の写経、工芸など約40点の名品を一堂に集め、紹介します。芸術性の高い「仏画の美」を、ぜひ会場でご堪能ください。

<会期>11月3日(木・祝)〜12月4日(日)。月曜休館。入館は10時〜16時半<会場>泉屋博古館(京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町、075・771・6411)<入館料>一般800円、大学・高校生600円、中学生350円、小学生以下無料

主催 毎日新聞社、泉屋博古館、京都新聞
招待券を50組100人にプレゼント

はがきに住所、氏名、年齢を明記し、〒530−8251 毎日新聞社事業部「高麗仏画展」係へ。17日(月)必着。当選発表は招待券の発送をもって代えます。
http://mainichi.jp/articles/20161008/ddn/010/040/032000c



財団法人泉屋博古館は、住友家の美術コレクション、特に中国古代青銅器を保存展示するための機関として昭和35年(1960)に設立された。名前の由来は、江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と、中国の時代に皇帝の命により編集された青銅器図録「博古図録」からとっている。この名称がいつから使われたかは不明だが、旧銅器庫の正面上に西園寺公望揮毫の「泉屋博古」額が架けられており、少なくとも旧銅器庫が竣工した昭和初期には使われていたとわかる。平成14年(2002)には、別子銅山開坑300年記念事業の一環として、東京都港区六本木の泉ガーデン(泉ガーデンタワーなどからなる再開発地区)内に分館が開館した。
収蔵品は、住友家当主15代目住友吉左衞門(1864-1926)が収集した中国古代青銅器類と、その長男の住友寛一(1896-1956)が収集した中国明清代の絵画を中心とするコレクションや、16代目当主住友吉左衞門(1909-1993)が蒐集した作品、また15代目以前から住友家に伝来したものが中心である。所蔵総数は約3100点で、中国の(商)、時代を中心とした青銅器、日本・中国の銅鏡、仏像、明・清時代を中心とした中国書画などが名高い。





安西孝之は安西正夫と満江夫妻の長男として生まれた。父の正夫は元昭和電工社長で、母の満江は森コンツェルンの創業者森矗昶の長女である。また正夫の兄の浩は元東京瓦斯社長であり、満江の兄妹には政治家の森曉や森清、三木武夫夫人の睦子らがいる。
孝之の弟の直之は16代目住友吉左衛門・住友友成の娘と結婚した。また孝之の妻の恵美子は元日清製粉(現日清製粉グループ本社)代表取締役会長の正田英三郎の次女である。恵美子の姉、すなわち英三郎の長女は皇后美智子なので、安西家は住友財閥の創業者一族・住友家や日清製粉グループ本社のオーナー正田家と姻戚関係にある。このため、安西孝之と恵美子の間に生まれた1男1女は皇太子徳仁親王、秋篠宮文仁親王、黒田清子といとこの関係にある。


日本から在日韓国人・朝鮮人を排除したいのなら先ずパンチョッパリの最終ケツモチたる皇室をなんとかせんとあかんわけですよ。(爆wwwwwww





、、、(爆wwwwwwwwwwww

11 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

住友家 天王寺
聖徳太子 和宗
そこは倭宗でいいよ?w

匿名 さんのコメント...

「チキンラーメンどんぶり キムチ鍋風」「MILKチキンラーメン ビッグカップ」 (11月23日、11月30日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/4835

これを見て日清は買わなくなりました。



>豊洲
汚染除去費用の東京瓦斯負担分がやけに少なかったとか色々ありますが、今になって東京瓦斯を追求して、都は該当費用を取り返せたりは…するんですかね(小池知事なら遡れるから可能?(ぇ

口訣 さんのコメント...

中国の古典を教養の宝庫として元号も名前もごちそうになる。

匿名 さんのコメント...

天皇はブルーギルという外来種入れて在来種を絶滅に追い込むという前科があるからなw

匿名 さんのコメント...

JAPAN’S “SECRET” WEAPON: SUICIDE

匿名 さんのコメント...

翻訳文化大国

匿名 さんのコメント...

霜鳥

匿名 さんのコメント...

多感な時期から特徴のある思想や信仰に支えられた方々が身近に勢揃いしておられて
そのなかでご自分が正しいと思ったことに純粋であろうとされて
しかもそのことを全身全霊で果たそうとなさる
実にご立派で感服するが
ひとたびその選択のどこかが政治性を帯びてしまうと
それはそれで非常に複雑だ
政治に必要とされるのは純粋さではなく利害の調整であって
そこに純粋すぎる正当性を追求しようとすると
ありえないことまであり得てしまって
利害の調整ではなく利害を誘導する危険が生じる

匿名 さんのコメント...

>「退位される前に韓国へいらして、この間の両国がほどけなかったしがらみを解いてくだされば、両国関係の発展に大きな助けになる。それだけの雰囲気が早く醸成されることを望む」

>この間の両国がほどけなかったしがらみを解いてくだされば

まずは今上天皇に「ほどけなかったしがらみ」に皇室がどのように関わりをもったのか、もたなかったのか、あるいは、生産的ではない双方の軋轢をいくらかでも緩和しようとする試みのなかで、陸軍士官学校での繋がりが活用されたことを、どのように評価しておられるのか、米国から国際犯罪組織として問題視されている日本国籍ではない者を含んだ暴力団が日本にしがみついている現状を、どのように憂いておられるのか等、じっくりと国民にご説明していただく機会を必ず設けていただかないと、「しがらみ」の性質をどのようにとらえておられるのか、判断する材料が国民の側には、あまりにも乏しすぎる。
今上天皇は人類最高峰の叡智を備えた鋭い感覚で正しい判断をなさる崇高な存在なのだから、その方に意見をしようとするとは非礼だ的門前払いでは、国民は置いてきぼり。
断続的に今上天皇に明らかに近い位置にいる方々が、今上天皇の韓国へのご訪問は悲願であり、そのことを国民は素直に歓迎すべきだということを常に滲ませて観測気球をあげ続けてきたが、奥歯にうんこの繊維がはさまったようなお膳立てではなく、きちんとお考えをうかがいたい。
朝鮮民主主義共和国も台湾もロシアも、そのほかの旧日本軍が関与した虐殺があった地域も、未だにほどけないしがらみがある。
旧日本軍の捕虜の扱いに対する屈辱の記録は、ほどけない痛みの記憶として永久に語りつがれていく。
韓国だけに特別な思いを寄せる理由を国民が理解する手段はどこに用意されているのか。
ほどけなかったというしがらみの成り立ちに対するご見解を明確にしていただく必要がある。
悲願成就を優先させて既成事実化するような卑怯なマネはやめていただきたい。
天安門事件のあとの中国訪問が、どのような軛と化したか。
行動に政治性は帯びないという表向きの設定を悪用して、政治というリアリズムにたかがひとりの人間が乱暴に介入することを、憲法は容認していていない。

匿名 さんのコメント...

法務省:本邦における不法残留者数について(平成29年1月1日現在)
www.moj.go.jp › kouhou › nyuukokuka...
Mar 17, 2017 - 2 国籍・地域別不法残留者数(第1表,第2表,第1図,第2図). 不法残留者数の多い上位10か国・ 地域は次のとおりです。 国籍・地域別不法残留者数(第1表,第2表,第1図,第2図) 不法残留者数の多い上位10か国・地域は次のとおりです。 前回調査時に比べ中国,タイ,ベトナム及び台湾の4か国・地域は増加しましたが,その他の6か国・地域は減少しました。(1)韓国13,265人 (構成比 20.3%) (- 1.1%)

匿名 さんのコメント...

日本に最初にパンダを贈ったのは唐の則天武后_China.org.cn
japanese.china.org.cn › 中日両国
2009/01/19 - 一衣帯水の中日両国は、漢時代からすでに親密に往来しており、経済や政治、文化などがかつてなく繁栄した唐時代の630年(唐の貞観4年)、日本は大使や副使、留学生、学問僧、通訳など初の遣唐使を派遣し、中国の各分野を研究して中国 ...

中国が英語を準公用語化した場合が仮にあったとして、一帯一路構想に編入させていただく機会があれば、本気で頑張るだろうね
敢えて日本語に閉じ込めて家畜化するかもしれないけど

chinese teachers in britain bbc

Chinese teachers bring discipline to British classrooms - The Telegraph
www.telegraph.co.uk/.../china.../chinese-teachers-in-british-classroo...
2016/10/06 - British pupils learn the harsh discipline of a Chinese classroom on BBC documentary Are Our Kids Tough Enough?