2016年10月3日月曜日

石橋武夫「京都西川」元社長@薔薇ライン 焼死か?




民家火災で男性死亡…「京都西川」元社長か
2016年10月03日 01時13分


2日午後7時5分頃、京都市山科区音羽沢町、寝具大手「京都西川」(京都市下京区)元社長・石橋武夫さん(83)方から出火し、木造3階建てのうち2階寝室の一部が焼けた。寝室から男性が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。山科署は石橋さんとみて身元を調べている。

発表によると、石橋さんは一人暮らしで、病気でほぼ寝たきりの状態だったという。

京都西川のホームページによると、同社は1566年創業。羽毛布団や毛布などの製造を手がけ、2014年8月期の売上高は約189億円。
2016年10月03日 01時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161003-OYT1T50002.html




株式会社京都西川(きょうとにしかわ)は日本の寝具メーカーのひとつである。

歴史・概要

近江商人西川甚五郎商店(創業1566年)の京店(1750年開設)を源流とする。蚊帳や畳表の販売に加え、京弓の販売も 手掛けた。1887年頃、布団の販売を開始した。
1941年、西川甚五郎商店京店を法人化。
1948年に初代社長の吉川四郎が提唱した寝具改善運動は、「新しい生活は寝具の改善から」のキーワードと共に全国に広がりをみせた。
1955年に新商標「ローズ」を出願。その後、同社を代表する商品にはローズのブランド名が冠されることとなり、ローズふとん、ローズ羽毛ふとん、ローズテクニー、ローズラジカル敷きふとんなどのヒット商品を製造・販売した。2000年以降は猛暑や夏場対策の商品も展開している。
1954年に、洋ふとんの生産工場として月印ローズ株式会社(現在の西川ローズ株式会社)を京都府長岡京市に設立、1970年に工場の滋賀県移転を機に設備を増強し、不織布カーペットなどの生産を行う。
1960年代に入ると全国寝具改善運動全国大会を開催し、全国寝具改善指導本部は1985年に石橋武夫体制に引き継がれ、全国大会は1998年(第50回)まで開催した。
1961年に、販売会社として岐阜ローズふとん販売株式会社を設立、その後各地に販売会社を設立するが、1995年に全販売会社を統合して西川ローズふとん販売株式会社とする。
また会社設立当初から蚊帳やガーゼなど薄手繊維の輸出を得意としており、1960年代には連続して輸出貢献企業にも認定された。

グループ概要

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの資料によると、同社の大株主は日本橋西川ビル株式会社(15.9%)となっている。西川産業の子会社ではないものの、西川産業の代表取締役西川康行西川産業の代表取締役会長西川甚五郎西川恵が同社の役員として就任している。 さらに大株主にあたる日本橋西川ビル株式会社は西川産業の100%子会社である。従って実質的に西川産業の影響下にある。(東京商工リサーチ・三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ)

不祥事

京都西川が2013年2月以降に販売したタオルケットについて、品質表示では「綿50%ポリエステル50%」と表示されていたにもかかわらず、実際にはポリエステルの含有率が高く、レーヨンも混入するなどしていて、綿の割合が18.2 - 36.5%だったことが明らかとなった。同社は交換に応じるとしている[1][2]。また、京都西川は、同社が販売した掛け布団製品の中に、詰め物としてポリエステルの一種であるポリティを100%使用することになっていたにもかかわらず、別のポリエステルを使用した製品があったとして、当該の布団約8万2,000枚を回収した[3]

本社・支店など



















、、、(爆wwwwwwwwwwww

2 件のコメント:

ご近所 さんのコメント...

寝具 マルチまがい



#正解判定出ました

匿名 さんのコメント...

羽毛布団 アレルギー