2016年10月28日金曜日

三笠宮とユダヤ教











Japan’s Imperial Prince Takahito Mikasa turns out to be one of the most interesting people in the world, if this Tablet story is to believed.

After serving in the Japanese army during WWII and witnessing horrors there, he gained permission from Emperor Hirohito to essentially abdicate all of his duties as a royal so he could study his true passion — the Jews. An essay by Rabbi Arnold J. Wolf quoted in the article:

History had brought him — Prince Mikasa — to the Jew, he said, and Judaism had brought him back to himself. For the Jew is not only the father of the West, he is the scion of the Orient.
http://www.jweekly.com/article/full/76346/the-donald-in-israel-japans-hebrew-speaking-prince-the-inevitable-jewish-ad/%E2%80%9Dhttp://www.tabletmag.com/jewish-news-and-politics/195456/a-prince-among-the-jews%E2%80%9D





、、、(爆wwwwwwwwwwwwww

14 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

田母神サマによる選民意識の植え付けの一例
気をつけませう


なでしこりん: 三笠宮崇仁親王殿下の薨去にあたり謹んで哀悼の意を捧げます。
http://nadesikorin0719.blogspot.com/2016/10/blog-post_27.html

大東亜戦争時代は、陸軍大尉として南京の支那派遣軍総司令部に勤務。
終戦時は航空総軍参謀の陸軍少佐として迎えられました。
終戦直前の8月13日、徹底抗戦を求める陸軍が昭和天皇陛下への口添えを求めた際も
殿下は、「陸軍は陛下の大御心に反する」と断り、終戦成立に貢献されました。
戦前の皇族の皆さまは「ノブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務)」を実践されました。
三笠宮崇仁親王殿下は今上陛下の叔父上にあたられます。

「大正・昭和・平成」と激動の時代を生き抜かれた三笠宮崇仁親王殿下、
満100歳を立派に生き抜かれました。
改めて「素晴らしい人生をお過ごしになられた」と思います。
日本国民の一人として謹んでご冥福をお祈り申しげます。

もちろん私は「昭和世代」ですが、私は昭和生まれを恥じたことはありません。
それこそ、日本が世界人類に与えた貢献こそ、いつの日か陽の目を見ることでしょう。
「もし、日本がアジアから白人植民地支配者を追い出さなかったら・・・・」
少なくとも現在の国連加盟国は195ヵ国ではなく、もっと少なかったはずです。
日本人が白人植民地主義者に与えた「打撃」こそが
「白人は有色人種より優秀である」という幻想を打ち砕いたのです。
アジアやアフリカの人たちは「日本の貢献」をよくご存じです。

日本は歴史と文化が大変豊かな国です。
私はこの国に生まれたことを幸いに思いますし、誇りにも思っています。
私は日本国とご皇室のこれからの弥栄を祈らずにはおられません。
なでしこりん




旧日本軍の実態
http://tokumei10.blogspot.jp/2015/02/blog-post_246.html

ご近所 さんのコメント...

そういや最近職場でよく出くわすんですよ、白人()の社員さんにw

匿名 さんのコメント...

> 田母神サマによる選民意識の植え付けの一例
> 気をつけませう

別に特定の誰かに植え付けられたから選民意識を持つんじゃないんだよなぁ
匿名党読んでるだけで情強になったつもりの残念な皆さんとか(笑)
選民意識=劣等感・自信の無さの裏返し(笑)弱点があるからつけこまれる(爆)
弱点がある限りそこへつけこまれ死ぬまで永久に利用され続けるのがプロトコルX(笑)
セキュリティホールは自分自身でパッチを当てないと(笑)他人は助けてくれませんぜ

匿名 さんのコメント...

官吏

匿名 さんのコメント...

スクープと詐称する御用達
アノ禁句
気配すら消して無いことにするコレ

これは日本のメディアが、なににコントロールされているか

雷ゴロゴロ

わかりやすい

匿名 さんのコメント...

ペンギンミサイルスキームは死守したいみたいで…wwww

匿名 さんのコメント...

まだ知らない人達へ

匿名 さんのコメント...

Turkish and Israeli "secret meeting"

匿名 さんのコメント...

言論封鎖で明るい未来!

ワタシハコトバガワカラナイ、なーんて日本語で言い訳していると

迷信万歳!

匿名 さんのコメント...

>ただ、昭和天皇の人物評価や皇族とのあつれきなどは、意図的と思うが書かれていない。

匿名 さんのコメント...

三笠宮さまや百合子さまとユダヤ教との親和性について、意図的に避ける理由は無いはずだが、故意に排除しなければならないような力学があるのだとすれば、この件に対しても無関心を貫け、それが日本国民の務めだという無言の圧力だと解釈できなくもないが、皇室関係の諸事に限らず、この国には恰も戦時下のような言論統制が根強く生きている。
馴れきって気づかない大衆のおかげで、たぶん、いつまでも続く。
便利な通信機器が普及したおかげで、情報の寡占が崩れていくなかで、かえって情報戦が巧妙に複雑化し、日本語も不自由な日本人にとっては、明治維新の頃と同じように、ある(暫定的な)秩序の終末期特有の現象は何か、その武器は欠陥のある余剰武器なのか最新鋭の武器なのか、見分けができない弱い立場、操られるだけの立場に己が立っていることを見抜けずに、かつて、遅れた英雄を演じきってしまった悲哀を再び繰り返すことだけは、絶対にありませんように。

催眠術にかかったふり、やめよう。

匿名 さんのコメント...

無関心を装えという圧力があるかのような不気味さ。
今の日本も戦時中に劣らず実におそろしい国だ。
このような不思議な現象に合意形成があるといふ culture or cult?

匿名 さんのコメント...

お墓は壮大な公共事業だが蓮舫さんも仕分けできない

匿名 さんのコメント...

Farewell to Hirohito's Brother — Japan's Most Jewish Prince – The Forward
forward.com › culture › farewell-to-hiro...
2016/10/28 - Takahito, Prince Mikasa — the youngest brother of emperor Hirohito — has died at 100. Without ... forces during World War II, named after a General who commanded
Japanese forces in the ...

Japan's Takahito Mikasa at 100: A Prince Among the Jews – Tablet Magazine
www.tabletmag.com › a-prince-among-t...
2015/12/02 - At the age of 20, Prince Mikasa received authorization from his older brother, Emperor Hirohito, to form ... While serving as a junior cavalry officer in the Japanese army during World War II, Prince ..

日本語(膠着語)といふ思考や感情の表現媒体そのものが持つ特殊性、ほかの言語で表現される世界観からの孤立と疎外から生じる判断の偏りや歪み、容易に操作されやすい環境の素地、言論統制と意識できない領域での錯覚や思い込み、奇妙な信念の固着、矛盾からの逃避、あるいは無関心、気分という心地よさ

美しい日本、万歳!