2016年10月22日土曜日

慶應義塾広告学研究会から芋づる式に











川合 貞一(かわい ていいち、明治3年3月29日1870年4月29日) - 昭和30年(1955年6月19日)は、明治から昭和初期にかけての哲学者文学博士慶應義塾大学名誉教授
美濃国安八郡(現・岐阜県大垣市)生まれ。
明治25年(1892年)に第一回卒業生として慶應義塾大学部文学科を卒業する。新潟尋常師範学校教授を経て明治29年(1896年)より慶應義塾大学部文学科の教授となる。明治31年(1898年)に慶應義塾が行った第一回のドイツ留学生として選抜され、日本最初の海外留学生としてヴィルヘルム・ヴントの心理学研究室に客員として入室を許された。哲学、教育学及び心理学を研究し、明治36年(1903年)に帰国。明治38年(1905年)に文学科長に就任。
大学令により大正9年(1920年)に新発足した文学部の学部長となり、予科教授・普通部主任、慶應義塾大学亜細亜研究所顧問を兼任。昭和3年(1928年)に文学博士となり、文部省国民精神文化研究所の哲事嘱託として聘される。
墓所は小平霊園

で、これまた日本語WIKIには無い・・・

Wundt was born at Neckarau, Baden (now part of Mannheim) on 16 August[12] 1832, the fourth child to parents Maximilian Wundt (a Lutheran minister), and his wife Marie Frederike, née Arnold (1797–1868). Wundt's paternal grandfather was Friedrich Peter Wundt (1742–1805), Professor of Geography and pastor in Wieblingen.[13] When Wundt was about four years of age, his family moved to Heidelsheim, then a small medieval town in Baden-Württemberg.




で、





ジョン・J・ヘイムリ英語: John J. Hamre, 1950年7月3日 - )は、国際問題研究の専門家である。元ワシントン官僚であり、2000年4月からはシンク・タンク戦略国際問題研究所」の社長兼CEOの地位にある。









、、、(爆wwwwwwwwwwwwww

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

陛下!陛下!陛下!(蓮舫)

キチガイ目www

匿名 さんのコメント...

原理日本社

匿名 さんのコメント...

ヴィルヘルム…どこかで…と思ったらただのリゼロ人外剣士
ドイツだから強人設定だったんですね(?)

放送した箇所までは、どこぞで公開されてた元話の設定等を丸朴李で
その先の朴ってないオリジナル部分はレイプがあったり詰まらないとかなんとか
ん? 朴李、レイプ…といえば…長月達平は…

匿名 さんのコメント...

独つながりで…Kittyっすか

ドイツ大使館(@GermanyinJapan)さん | Twitter
https://twitter.com/GermanyinJapan