2016年10月15日土曜日

八ヶ岳の地下水が湧き出る「三分一湧水(さんぶいちゆうすい)」

皇太子さま「三分一湧水」を視察 山梨
10月14日 17時01分

水に関する研究を続けている皇太子さまは14日、山梨県を訪れ、湧き水を活用するため古くから使われてきた「堰(せき)」などを視察されました。

皇太子さまは14日午前、山梨県北杜市に到着し、八ヶ岳の地下水が湧き出る「三分一湧水(さんぶいちゆうすい)」を訪ねられました。「三分一湧水」は、戦国時代、水をめぐって争っていた3つの村に均等に水を分けるため、堰が造られたことがその名の由来とされ、古くから農業用水に利用されてきました。

長年、水に関する研究を続けている皇太子さまは、堰の中央の柱に水流がぶつかり別々の方向に分かれていく様子を、カメラに収めながら熱心にご覧になっていました。

続いて皇太子さまは、甲斐市を訪れ、戦国武将の武田信玄が川の氾濫を防ぐために築いたとされる「信玄堤」を視察されました。増水時に水の勢いを弱めて堤防を守った「聖牛」と呼ばれる伝統的な治水技術などを見学し、「どのように考えついたのでしょうか」と興味深そうに質問されていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161014/k10010730071000.html



、、、(爆wwwwwwwwwww

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

どっちの足かの情報はまだ…


死体遺棄?畑から人の片足 長野・南牧村:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016112790221046.html

2016年11月27日 22時10分

 27日午前9時55分ごろ、長野県南牧村野辺山の畑で、畑の所有者の男性が重機で土を掘り起こしていたところ、人の片脚とみられるものを発見し、110番した。県警は死体遺棄事件の可能性があるとみて、身元確認を進めている。

 県警によると、見つかったのは片脚の太ももからつま先までとみられる部分。白骨化まではしておらず、性別は不明。幼児ではないという。

 現場はJR小海線の野辺山駅の南約2キロ。特産品のレタスやキャベツなどの畑が広がる高原地域で、10月下旬に収穫を終えたこの時期は、重機を使って畑の整備をする農家が多いという。

 近くに住む50代の農業男性は「住宅もまばらで、これまで事件なども少ない地区なので驚いている。夜間は人通りもなく真っ暗なので、誰かがいても分からない」と話した。別の住民によると、周辺は24日に積雪があったが、27日の雨でほぼ解けた。

 発見の1時間半前には、現場から2キロ南の村道脇の空き地で、全焼した乗用車が見つかった。車内に人はおらず、県警が関連を調べている。



韓国のように血の水が?

キムチうどん県民 : 【恒例 汚鮮シーズン到来】パククネ下野祭りの中、鳥インフルエンザが韓国全土に感染拡大
http://blog.livedoor.jp/kimuchiudon/archives/1062718037.html