2016年8月4日木曜日

稲田防衛相(笑)

稲田防衛相に不安の声 政策未知数、靖国参拝も火種
[2016年8月4日9時23分 紙面から]

安倍晋三首相は3日、第3次再改造内閣を発足させた。「未来チャレンジ内閣」と命名したが、「百合子シフト」でもある。20年東京五輪・パラリンピックを担当する五輪相を、森喜朗・大会組織委員会会長に近い遠藤利明氏から、丸川珠代氏(45)に代えた。小池百合子都知事(64)と対立する森氏の影響力をそぐメッセージとみる向きもある。ただ、丸川氏は都知事選で小池氏を猛批判。関係修復は難航必至で、首相の作戦が実るか不透明だ。稲田朋美防衛相(57)の抜てきにも、不安の声が強い。

安倍首相が命名した「未来チャレンジ内閣」。良くも悪くも最大のチャレンジといえるのは、稲田朋美氏の防衛相起用だ。

稲田氏は政治信条が首相に近い。将来の首相候補と評価する首相は、経験を積ませる目的で、重要閣僚に起用した。小池百合子都知事に続き、女性で2人目。安保外交に通じた小池氏と異なり、稲田氏が防衛政策に精通するわけではない。安保関連法の本格運用が始まる段階だけに、経験不足を不安視する声もある。

靖国神社参拝も火種の1つだ。稲田氏は会見で、終戦記念日の参拝の可能性を問われ「安倍内閣の一員として適切に判断したい。心の問題であり、行く、行かない、行くべき、行くべきではないと言うべきではない」と言葉を濁した。閣僚の立場で参拝すれば、アジア各国の反発は必至。当選4回で2度目の入閣には、男性議員の嫉妬も渦巻く。

ほかにも不安要素は満載だ。約70人の「入閣待機組」の不満解消へ、閣僚経験のない待機組を大量に起用。第3次改造内閣でも、初入閣大臣の答弁が迷走。今後の国会答弁でも、立ち往生する大臣が出る恐れもある。首相が会長の保守系超党派議連「創生日本」メンバーが13人おり、「お友達集結内閣」の側面も強い。

また、閣外に去る石破茂氏の側近、山本有二氏を農相に起用。石破氏に根回しせず、同氏周辺は「露骨な分断工作」と反発する。石破氏は首相に複数のポストを打診され、「閣僚ポストはバナナのたたき売りではない」と反発。一方、首相は周囲に「財務相か外相の就任を求められた」と憤る。石破氏はポスト安倍を見据え、無役を志願。任期延長をもくろむ首相の政権運営が不安定になれば、石破氏が不満の受け皿となる可能性があり、「石破外し」は大きなリスクもはらむ。
http://www.nikkansports.com/general/news/1689087.html

このご時世、首相を差し置いて靖国参りすれば防衛相失格認定されてボロクソに叩かれ、行かなければ支持者を裏切ったとボロクソに叩かれるわけですね。唯一の逃げ道はアベシンゾーと仲良く一緒に靖国参拝。その場合、アベシンゾーに罰ゲームが・・・(爆wwwwwwwwww

9 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

安保の答弁で総理と共に野党とやりあった中谷防衛大臣、誠にお疲れさまでした。

稲田氏、靖国分祀の御決断はどうでしょう?(そんな権限があるのか知りませんが

匿名 さんのコメント...

三沢基地隊員が淫行 停職処分

類似のスケベ事案が頻発しているから、なんとかしてください、稲田さん。
なかよしの青山さんも、せっついてください。

匿名 さんのコメント...

米国務省、稲田氏に15日の靖国参拝自制促す : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160804-OYT1T50135.html

 【ワシントン=大木聖馬】米国務省のトナー副報道官は3日の記者会見で、第3次安倍再改造内閣が同日、発足したことについて、「日本政府との緊密な協力関係を深めていきたい」と期待感を示した。

 ただ、稲田防衛相が8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝するかどうかについて明言を避けていることを巡り、「癒やしと和解を進める方法で歴史の問題に取り組むことが重要だ。それが靖国神社に関する我々の立場だ」と述べ、自制を促した。
2016年08月04日 17時48分

GABRIEL さんのコメント...

或る意味
稲田氏の背後こそ
楔が打たれた感じ

匿名 さんのコメント...

福井の名物、メガネのフレームを宣伝するために、何種類もの「だてめがね」を使うのは自己表現のひとつとして許容される範疇ではあろうが、日本近海にミサイルがバンバン飛んでくる異常事態で、もはや大臣のころころ変わるメガネのフレームが、情報を伝達する責任者にとって、余計で無駄な情報発信となっているが、誰からも忠告されないからといって、いつまで福井県の宣伝部長を兼任するつもりなの?

匿名 さんのコメント...

アリゾナ記念館で岸外務大臣と稲田防衛大臣がケネディ駐日大使らと安倍総理大臣とオバマ大統領の到着まで待機する時間がかなりあった。
風が吹き込むため稲田防衛大臣は常に髪の毛をかきあげて、そのうえ主賓の到着がまだかまだかというように入り口の方にちらちら目をやっていた。岸外務大臣は腕時計に目をやったりそわそわしていた。
ケネディ駐日大使らをはじめとする関係者は、ほぼ微動だにせず、視線も一点に静かに定められていた。
こうした儀典における日本人のふるまいの落ち着きのなさは2015年の安倍総理大臣の上下両院合同演説伴う歓迎式典が行われた際の安倍総理大臣に帯同した国会議員らのきょろきょろする姿と同じく、責任ある立場の大人のふるまいとしては極めて異様。
儀典に際してのふさわしいふるまい、姿勢、視線の据え方、表情などの基本は、幼い頃からきちんと年長者が厳しく指導して身につけさせることはどのような国でも自然な常識であって、日本も同じだとは思うが、なぜ、大事な式典に列席するときに、物見遊山の田舎モノのようにふらふらするのか、年下の自分は全く理解できない。
急な便意や尿意に悶え苦しんでいたとしても、厳粛な場におけるふたりのふるまいだけが奇異であった。

日本人が自分たちの国民性の特徴として礼儀正しい面があるという信仰がもしあるのだったら、マナーやエチケットの基本、儀典における心の据え方を自らに問い直す必要があるだろう。

匿名 さんのコメント...

>安倍内閣の一員として適切に判断

米政府、稲田氏の靖国参拝批判 「非常に残念」
2016年12月30日 01時48分
www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016122901000690.html
 【ワシントン共同】米国務省報道担当者は29日、稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について「歴史問題は『癒やしと和解』を促す形で取り組むべきだ」と暗に批判した。共同通信の取材に答えた。別の政府当局者も日米首脳による歴史的なハワイ・真珠湾訪問の直後だけに「非常に残念だ」と懸念を示した。
 米メディアも批判的なトーンで報じた。ウォールストリート・ジャーナル電子版は、参拝のタイミングが、防衛相が首相と共に真珠湾を訪れ、帰国した直後だったことに力点を置いた。
 靖国神社=29日(ロイター=共同)

匿名 さんのコメント...

>未来チャレンジ内閣

靖国参拝】稲田朋美防衛相ぶら下がり詳報 「忘恩の徒にはなりたくない」「防衛大臣である稲田朋美が一国民として参拝した」 
産経新聞12月29日(木)11時3分

匿名 さんのコメント...

稲田防衛相の靖国参拝 米「和解への取り組み望む」
12月30日 5時33分
www3.nhk.or.jp/news/html/20161230/k10010824541000.html

稲田防衛大臣が29日、靖国神社に参拝したことについてアメリカ国務省の当局者は「アメリカは歴史問題に関してすべての当事者の癒やしと和解につながる取り組みの重要性を強調し続けている」と述べ、日本政府が歴史認識をめぐって和解に向けた取り組みを続けるよう望む考えを示しました。
稲田防衛大臣は安倍総理大臣とともにハワイを訪れ、現地時間の今月27日に行われたアメリカのオバマ大統領との、真珠湾攻撃の犠牲者の慰霊に立ち会ったのに続いて29日、防衛大臣に就任してから初めて靖国神社に参拝しました。

これについてアメリカ国務省の当局者は29日、NHKの取材に対して「アメリカは歴史問題に関してすべての当事者の癒やしと和解につながる取り組みの重要性を強調し続けている」と述べ、日本政府が歴史認識をめぐって和解に向けた取り組みを続けるよう望む考えを示しました。

一方、アメリカの有力紙ウォール・ストリート・ジャーナルは29日の電子版で「真珠湾での慰霊を終えて帰国したあとに、近隣諸国から『軍国主義の過去を美化する場所』と見られている神社に参拝した」と批判的なトーンで伝えています。