2016年8月5日金曜日

ロッテ創業者の武雄氏に550億円脱税疑惑 事実婚女性らへの株譲渡で

5月、ソウル市内の病院に向かうロッテグループ創業者の重光武雄氏(聯合=共同)

 韓国紙の中央日報は5日、ロッテグループ創業者、重光武雄氏(93)が事実婚の関係にある女性と娘に日本のロッテホールディングスの株式を譲渡した際、約6千億ウォン(約550億円)の贈与税を脱税した疑惑が浮上したと伝えた。

 同紙によると重光氏は2005年、米国や香港、シンガポールなどに設立したペーパーカンパニーを通じ、女性らに株式を譲渡したとみられる。

 韓国検察が最近、ロッテグループの巨額の裏金疑惑を捜査する過程で新たに脱税疑惑が浮上。検察は女性らを任意で呼び、事実関係を調べる見通し。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160805/wor1608050030-n1.html


ロッテグループ一家、600億円台の脱税か=韓国

ロッテグループの辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長(95)が事実婚関係のソ・ミギョン氏(57)氏と娘のシン・ユミ・ロッテホテル顧問(33)に日本ロッテホールディングス株を譲渡する過程で数千億ウォン台の脱税があったことを裏付ける証拠を検察が確保した。

ソウル中央地検特別捜査4部は、ソ氏の親子が海外に作られたペーパーカンパニーを通じて辛総括会長から日本ロッテホールディングス株6%を譲り受け、6000億ウォン台(約600億円台)の贈与税を納めなかったと把握していると4日、明らかにした。
日本ロッテホールディングスは韓国・日本ロッテグループ支配構造の頂点にあり、その価値は数十兆ウォンにのぼると推定されている。

これに先立ち検察は持ち株贈与過程で税金を納めないよう助言した国内A法務法人から関連資料の任意提出を受け、調べてきた。
検察は資料分析と関係者の取り調べを通じて、ロッテ側が2005年に米国・香港・シンガポールなど4カ所にペーパーカンパニーを作り、辛総括会長のロッテホールディングス株を譲渡する方式をとったことを確認した。
検察は近くソ氏の親子を呼んで関連事実を調べる方針だ。

http://japanese.joins.com/article/100/219100.html


日本のテレビマスコミはほぼ完全にスルーですな。在日工作員やホロン部の金蔓でしょ。ロッテは解体でOK!アベシンゾーの嫁の実家も万々歳でしょ。(爆wwwwwwwwww

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ブラックブラック お口の恋人

匿名 さんのコメント...

ロッテがスポンサー企業になっていたらコアラのマーチのレアなキャラクターを探そうよいこのみなさんな企画だけがOK。

匿名 さんのコメント...

KB Kookmin Bank bitcoin

匿名 さんのコメント...

"the wife of Japanese Prime Minister Shinzō Abe" Fordam Dojima