2016年6月12日日曜日

ロッテから芋づる式に




株式会社リヴァンプ (Revamp Corporation) は、流通小売業外食産業などの経営支援を主な業務とする日本の企業。

ファーストリテイリング元副社長で企業再生支援ビジネス企業キアコンを運営していた澤田貴司、ファーストリテイリングの社長を務めていた玉塚元一2005年10 月にリヴァンプを設立。 澤田が運営していたキアコンを解散・廃業して、玉塚と共同で新たなコンセプトでの企業経営支援コンサルティング業務全般、経営陣派遣など企業再生ビジネス を手掛ける。 社名のリヴァンプは「刷新する」の意味。コンセプトは「企業を芯から元気にする企業」。


澤田 貴司(さわだ たかし、1957年7月12日 -)は、日本実業家リヴァンプ代表取締役会長。
学生時代から松任谷由実の自宅に出入りするなど親交が深く、苗場SURF&SNOWコンサートの発案者の一人でもある。
上智大卒業後、伊藤忠商事入社。同社において米国セブン-イレブンの買収等手がける。1997年ファーストリテイリング入社。同社副社長在任時には柳井正から次期社長就任を打診されるが固辞した[1]。2005年リヴァンプを玉塚元一と共に設立[2]

2016年9月1日発足するユニー・ファミリーマートホールディングス傘下のコンビニ事業会社であるファミリーマート社長に、伊藤忠の意向を受けての就任すると報じられている[3]























、、、(爆wwwwwwwwwwww

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ロッテ「日本に営業利益の1%の配当...国富流出じゃない」(聯合ニュース/朝鮮語)

ロッテグループは12日、最近、検察の捜査によって浮上した国富流出論難と関連して、「事実と違う」と釈明した。

ロッテグループはこの日、「最近の事態に対するロッテの立場」とする報道資料を通じて、日本の株主に支払われた配当については、 "海外投資についての法律を守る線で最低の配当」と明らかにした。
ロッテは「2014年にロッテ全体の営業利益3兆2千億ウォンのうち、日本の株主会社に配当された金額は、341億ウォンで約1%に過ぎない水準だ」と強調した。

続いて「1967年に設立されて以来、利益の99%を国内事業に再投資している」と説明した。
2004年までに日本のロッテに対して配当を行っていなかったが、日本の株式会社ロッテが韓国のホテルロッテに投資した借入金の利子などを日本国税庁が問題視したことをきっかけに、2005年から配当を開始したというものである。
一方、ロッテのホテルロッテ上場日程が当初予定された7月より遅くなると思われる。
ロッテは「1月に上場予備審査を通過したホテルロッテは、7月までに上場作業を終えているが現在、投資家保護のための変更の届出等手続の履行が物理的に困難な状況だ」と明らかにした。
それとともに「ホテルロッテ上場は日本の株主の持分率を下げ、株主構成を多様化するなど、ロッテグループの支配構造改善の重要な問題であるため、今後の方策について主幹事と監督機関と綿密に協議していく」と付け加えた。
ロッテは「当面、捜査に誠実に協力して疑惑が早期に解消され、捜査が迅速に行われるように積極的に協力する」とし「国民の皆様にご心配をおかけして重ねて申し訳ない」と謝罪した。
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/06/12/0200000000AKR20160612028200030.HTML

匿名 さんのコメント...

野中氏の自民復党を決定…民主政権下、自ら離党
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160613-OYT1T50100.html?from=ytop_main2

匿名 さんのコメント...

キシリトール押しも、今、思えばwww

匿名 さんのコメント...

Lotte in Weimar: The Beloved Returns
https://en.wikipedia.org/wiki/Lotte_in_Weimar:_The_Beloved_Returns

匿名 さんのコメント...

閉店したマクドナルドの後釜にバーガーキングが入ってるケースを多々目にしてますが
ロッテってことでこれまでも今後も不買一択

ロッテだけでなくあれこれ絡みすぎでもう…