2016年4月13日水曜日

バンクシー作品のディーラー殺人事件






バンクシーBanksy, 生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家社会風刺グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。
街中の壁にステンシル(型紙)を使って反資本主義・反権力など政治色の強いグラフィティを残したり、メトロポリタン美術館大英博物館などの館内に、自らの作品を無許可で展示するなどのパフォーマンスにより、一部の人々からは「芸術テロリスト」と呼ばれている。
街頭などへのディスプレイにこだわって芸術活動を行っており、企業の商品とのコラボレートやミュージシャンのアルバムジャケットの依頼等はほとんど全て断っている。2002年に日本のファッションブランドモンタージュのティーシャツを2種類、 2003年にはブラーのアルバム『シンク・タンク』のジャケットを描いたが、それ以後は、たとえば、世界のトップ企業であるソニーナイキマイクロソフトや、トップミュージシャンのデヴィッド・ボウイオービタルマッシヴ・アタックなどのオファーを断っている。






何故殺されたかは分かる人には分かると・・・(爆wwwwwwwwwww

0 件のコメント: