2016年1月31日日曜日

宮澤エマから陸山会@チュリス赤坂まで芋づる式に

タレントで舞台女優の宮澤エマが芸能界活動の休業を決めたベッキーの不倫騒動に関し、出演したテレビ番組で持論を述べた。

1月31日放送の情報バラエティ番組『ワイドナショー』に出演した宮澤エマ。「週刊文春」(文藝春秋)が新年から3号にわたってベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫騒動で2人のLINEのやり取りまで掲載していることについて、彼女は「正義だけど心は無い」と苦言を呈した。

ゲスの極み乙女。は、13日に発売された最新アルバム『両成敗』がオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得するなどミュージシャンとして絶好調である。
一方のベッキーは10社あった全てのCMが削除または差し替えられるという事態に陥り、騒動の影響から心身ともに壊れる寸前と伝えられタレント活動の休業を決めたばかりだ。

このように2人の明暗がくっきり分かれた状況に、宮澤は納得していないようだ。川谷が作る音楽が好きというファンは今回の騒動が原因で離れていくことはないだろうが、
イメージで売っていたベッキーはそれが崩れた瞬間に全く仕事が無くなってしまった。“真実を突き止める”という姿勢は大事だが、
「職を奪うような記事を書き続けている」と宮澤は文春側の報道の行き過ぎを指摘した。

また、川谷側からLINEの情報が流出している件についても「あれが発覚して、奥様の気持ちが晴れるんですかね…」と宮澤は訝しげな表情である。女性芸能リポーターや秋元優里アナは一般人である川谷の妻の心情を思いやっていたが、宮澤は同意できないようであった。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160131/Techinsight_20160131_228868.html

宮澤エマ(みやざわエマ、1988年11月23日[2] - )は、日本のタレント東京都[1]文京区[要出典]出身。 旧芸名、ラフルアー宮澤エマ(Emma Miyazawa La Fleur[3])。
母方の祖父は第78代内閣総理大臣宮澤喜一。母は宮澤喜一の長女で、父はアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアー[1]
聖心インターナショナルスクールを卒業した後、アメリカ合衆国カリフォルニア州オクシデンタル大学で宗教学を専攻[1][3]。大学3年の時にはケンブリッジ大学へ留学している[1]













JPモルガン証券株式会社副会長。1973年から外交官として米国国務省に勤務し、入省後早い時期から東京、パリ、札幌での勤務を経て、国連へ米国代表団 の一員として派遣される。また、米国国務省ベトナム、ラオス、カンボジア担当オフィスディレクター、1993年から 1997年の間に在台湾米国協会の副ディレクター、1997年から2001年の間は在日米国大使館首席駐日公使、2001年から2003年には米国国務省 東アジア・太平洋地域担当首席次官補を歴任後、将来の日米および米韓同盟を協議する米国国務省のチーム座長。2004年から2007年、駐マレーシア米国 大使。米国オベリン大学卒業後、プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクールにて学ぶ。
http://mansfieldfdn.org/japanese-3/mansfield-foundation-board-japanese/lafleur-japanese/













→ジャニーズ事務所

site://tokumei10.blogspot.com SMAP


、、、(爆wwwwwwwwwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

"Thomas Foley" "Christopher J. LaFleur" Japan

匿名 さんのコメント...

the American Ambassador to Japan, Mike Mansfield interview