2011年7月15日金曜日

坂本竜馬が信仰した妙見信仰の正体とアルカーイダ


の続きです。(w





日本のWIKIには・・・




・・・と「支配・コントロールされる側」が知るべき事だけしか書いてないわけですが・・・(w

支配する側にとって北斗七星は・・・




要するに・・・




を使って種をまき、そして収穫したものを調理するのに必要なのが・・・




、、、(w

そして・・・




の一番東(極東)に位置するのが・・・




で、その意味は・・・


”BIER”とは・・・


で、

ALKAID → ALKAID A

そんな話アルカーイダ!(爆w



19 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

北辰会 北斗七星 小沢一郎 日本一新運動

匿名 さんのコメント...

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A5

ベネトナシュ(Benetnasch、Eta Ursae Majoris、略称は η UMa)は、おおぐま座のイータ星である。北斗七星を構成する星の1つであり、ひしゃくの柄の先に位置する。別名アルカイド (Alkaid) ともいう

あれまあ。。。

匿名 さんのコメント...

友達の友達はアルカイダw
友愛の輪ですのう、、、w

匿名 さんのコメント...

天体だと地図とは東西が逆になるのね。知らなかった。

匿名 さんのコメント...

平野貞夫なみだ目wwww

匿名 さんのコメント...

アルカイダも女王の僕だったと?wありそうで怖い。

匿名 さんのコメント...

チンコミサイル教徒と小沢信者にとっては
超有害サイトと化してますねwwww

匿名 さんのコメント...

げに恐ろしきは団長さんw
ついでにUSS Alkaidと書いてみる。

匿名 さんのコメント...

なるほど坂本フィクサーの北辰一刀流もそこから来ていて名前からしてもうアレだと(笑)

匿名 さんのコメント...

ダビンチコードみたいに映画化しましょうwwwww

匿名 さんのコメント...

団長様、平野 イワクラと 小沢 縄文ネタ
で濃いーの一発お願いします。

匿名 さんのコメント...

ポスターで物議をかもした蘇民祭って小沢さんの地元だったんですね。
http://kokusekiji.e-tera.jp/engi.html

匿名 さんのコメント...

女王様に対抗する為に、バイキングと結託せねば。

ミネ さんのコメント...

片手鍋かぁ、、両手鍋ではなぃんだねw

九州の鍋姓が多い、コレも片手鍋なんだね?
ぁ片手鍋の僕の柄杓なんすかね?ww

ミネ さんのコメント...

Bier、、棺台もビールも@修道

勢力拡大なのは当然なんだろうけど
なんか、
米食ってんじゃねぇよ、麦食えよ
神の恵みといえば麦なんだょワカッタかっ!教
なのが実の所なんじゃないかとか脳内で道草食ってます~

2-3世紀、日本は史実が、、の頃とカブルし
もぅ古墳という古墳開けてくんね?と思うばかりっす

匿名 さんのコメント...

まるで嘘のような真実を真実と見分けるほうがはるかに難しいでしたっけ、あれは名言ですねホント
これが真実ならキバヤシAAものですな...

マスコミの妙に気持ち悪い龍馬ageがどうもキムチ国age似ているなと前々から思っていましたが、龍馬関連の一連のエントリで納得しました

匿名 さんのコメント...

タイトー 創業者 アルカノイド

匿名 さんのコメント...

「タイトー」創業者妻の遺産約100億円未納
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150227/k10015813051000.html

ミハエル・コーガン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8F%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3

匿名 さんのコメント...

「猫駅長」死ぬ 住民別れ惜しむ
Thu, 14 Feb 2019 12:36:00 +0900

広島市にあるJR芸備線の志和口駅の「駅長」として親しまれてきた猫の「りょうま」が死にました。 芸備線は去年の豪雨以降一部で不通が続いていて、住民からは「りょうま」と再開を見届けたかったと別れを惜しむ声が上がっています。 「りょうま」は芸備線の志和口駅に住みついた縁で、7年前に地元の人たちから「駅長」に任命され、愛らしい姿が人気を集めてきました。 そんな「りょうま」は12日に駅の構内で倒れ、息を引き取りました。 推定年齢15歳でした。 駅の待合室には14日、遺影などとともに献花台が設けられ、お別れの会が開かれました。 芸備線は去年の豪雨のあと志和口駅を含む区間で不通が続き、住民たちは「りょうま」と4月にも予定されている運転再開を見届ける日を待ち望んでいました。 お別れの会では、駅で世話役だった男性が「『りょうま』のおかげで地域が活気づきました。4月の運転再開まで頑張ってほしかったです」と別れを惜しんでいました。 献花台には大勢の人が訪れ、次々と花を手向けて手を合わせていました。 東広島市から駆けつけた70代の女性は「私がガンを告知されたとき『りょうま』のカレンダーの写真にとても励まされました。みんなにとって大きな存在でした」と話していました。
20190214/0003655.html