2017年6月28日水曜日

自分自身で治せないガンは医師にも霊媒師にも教祖様にも超能力者など他人には治せません

がん検診伸び悩み 16年、50%超は男性肺がんのみ
日本経済新聞:2017/6/28 0:11

 厚生労働省が27日公表した2016年の国民生活基礎調査で、がん検診の受診率が国の目標とする50%を超えたのは男性の肺がん(51%)のみだったことが分かった。
女性は肺がんを除く4種類のがんで受診率が3割台にとどまった。
受診にかかる時間や費用を懸念する人が多いとみられ、同省は自治体などと連携して積極的な受診を呼びかけていく方針。

 調査は全国の世帯を対象に無作為抽出し、16年6月に健康についての調査票を配布。
約22万世帯(有効回答率77.5%)が回答した。
前回調査は13年だった。

 男性のがん検診で受診率が最も高かったのは肺がんの51%で、前回調査と比べ3.5ポイント増えた。
胃がんは46%、大腸がんは45%で、それぞれ0.6ポイント、3.1ポイント増えた。

 女性は肺がんが42%で最も高かった。
大腸がん、乳がん、胃がん、子宮頸(けい)がんは34~39%。
伸び率はそれぞれ1.0~4.3ポイントだった。

 同省は13年に始めた生活習慣病対策の実行計画で、がん検診の受診率を16年に50%に引き上げる目標を掲げていた。
受診率が伸び悩んでいる実態が浮かんだ。

 内閣府が16年11月に行った「がん対策に関する世論調査」で、がん検診を受けない理由を複数回答で尋ねたところ、「時間がない」が31%で最も多かった。
続いて「必要性を感じない」(29%)、「いつでも医療機関を受診できる」(24%)、「費用がかかり経済的に負担」(16%)の順だった。

 厚労省は今夏に閣議決定する「第3期がん対策推進基本計画」で、がん検診の受診率の向上を重要課題に位置づける。

 今後は自治体などと連携し、特定健康診査(メタボ健診)との同時実施を進めるほか、かかりつけ医や薬局と連携した受診勧奨に取り組む。
現在は任意となっている職場でのがん検診を普及させるためにガイドラインを作ったり、女性が検診を受けやすい環境も整えたりする考えだ。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18191220X20C17A6CR8000/

もう30年以上健康診断すら受けたことのないおいらですがまだ元気に生きてます。(爆wwwwww

おいらは死ぬまでがん検診なんぞうけないと決めてます。
自分自身で治せないガンは医師にも霊媒師にも教祖様にも超能力者にも治せません。(爆wwwwwww












、、、(爆wwwwwww

19 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

団長は一貫してますね


群馬大学病院
http://tokumei10.blogspot.jp/2015/03/blog-post_86.html

日本人がガンで死ぬホントの理由
http://tokumei10.blogspot.jp/2014/10/blog-post_28.html


ということは海外でもがん検診は受けてない、と

匿名 さんのコメント...

超能力で治せるんぢゃないの?

てんこもり野郎 さんのコメント...

>超能力で治せるんぢゃないの?

人間の超能力には限界があるのだよ。(爆w

てんこもり野郎 さんのコメント...

重要なのはガンにならないような日常生活。
要するにガンになりそうな事はしない。
無駄なリスクは取らない。
食べて福島応援とか言ってるような無責任な香具師は癌で死ねばええ。(爆wwwwww

てんこもり野郎 さんのコメント...

超能力者なら自分自身の癌は治せるかもね。
でも他人のは無理。(爆wwwww

匿名 さんのコメント...

長谷川豊の「医師の指示に従わない透析患者は事実上死ね!」に
レッテル張り込みの反対をしてた輩は高額医療ビジネス関係者だったと考えてみる

匿名 さんのコメント...

> 重要なのはガンにならないような日常生活。

ほんこれ
人並みの教育受けてればみんな知ってると思うんですが
ガン細胞ってのは細胞のコピーに失敗して出来る物なので
生まれたての赤ん坊だろうと老人だろうと日常的に出来るものなんですよ(笑)
そいつをちゃんと処分するのが生物の免疫機構なんですね
要するに若くしてガンになるのは免疫機構が働いてない(笑)
その原因が肉体的・精神的ストレスやら生活習慣やら放射線やらなんですな
発展途上国でガンで死ぬ奴なんかそんないないでしょ?
先進国の人間は科学医学など他人の力に頼りすぎなんですよ(爆)

まぁ免疫力が強すぎて自分の身体を壊し始める自己免疫疾患なんて病気もありますけどねw

匿名 さんのコメント...

でも、他人を癌に罹患させることは、天ちゃん一味ならできそうw

匿名 さんのコメント...

穏やかに自然に余命を甘受する自由。
藁掴めとやかましい。

匿名 さんのコメント...

団長さんは食生活も徹底されてるし
ヨガで鍛えていらっしゃるし
何より体に悪い物や事への回避力が凄そうなので
ご多忙でもガンとは無縁な気がします。

匿名 さんのコメント...

そうなんや
そういや
ttps://ameblo.jp/aigakasu/entry-12230682947.html
曜変狙って作ってる余りですかね

ミネ さんのコメント...

がん検診どころか健診すら行かんと言い切ってる人
なんだかんだいって初めてかもw

てんこもりサンが今も尚そうしてるてことは日本に限ったことじゃないってことだよね
血液採取でアウトなのかな?
唯の無駄遣い、なんで輩に金くれてやらなあかんねん て次元なのか謎

女の人の大多数はオールスルーは厳しいかもね
妊娠やら不調やらで内診されちゃうと検診同時にされちゃうだろうから

匿名 さんのコメント...

見落としていました
http://www.sankei.com/politics/amp/170427/plt1704270012-a.html

匿名 さんのコメント...

>おいらは死ぬまでがん検診なんぞうけないと決めてます。

きちんと養生につとめます。



匿名 さんのコメント...

血液検査でがん早期発見へ 川崎に解析会社を設立、11月にも本格稼働 ...
www.sankei.com/life/news/170715/lif1707150016-n1.html
7 時間前 - 新会社「キャンサー・プレシジョン・メディシン」は、日本の創薬ベンチャー企業と韓国の遺伝子分析会社の合弁で、社長には森隆弘氏(東北大医学部前特任教授)が就任する。 「リキッドバイオプシー」と呼ばれる血液・唾液・尿を採取する手法を ...

匿名 さんのコメント...

血液検査でがん早期発見へ 川崎に解析会社を設立、11月にも本格稼働 ...
www.sankei.com/life/news/170715/lif1707150016-n1.html
7 時間前 - これによってがんを早期に診断し、分子標的薬が効くタイプの選別などを行うことが可能になる。 科学技術 ... 中村氏は「このままでは日本は手遅れになるばかり。がんで絶望する患者さんを早い段階で救いたい」と保険適用の必要性を訴えた。

匿名 さんのコメント...

健康診断に効果はある?…受診だけでは死亡率減らず : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞 ...
https://yomidr.yomiuri.co.jp › article › 2...
Mar 16, 2015 - 病気のリスクを早期に見つけて、病気を未然に防いだり、進行を抑えたりするために実施される健康診断。 ここ数年、欧米の大規模な研究で、健診を受けるだけでは病気の発症率や死亡率が減らないという結果が ...

匿名 さんのコメント...

【最新「死に方」事典】有効ながん検診は3つしかない - 健康・医療 - ZAKZAK
www.zakzak.co.jp › health › doctor › news
Aug 17, 2014 - 欧米では、「くじ引き割り付け試験」といって、健常な人々をたくさん集めてくじ引きをし、検診する グループと放置するグループとに分けて追跡調査した結果、がん検診は「効果がない」という結果が出ている。さらに ...

匿名 さんのコメント...

重度のがん患者らも対象か
Wed, 19 Jul 2017 10:10:46 +0900

医師の免許がないのに医療行為を行ったなどとして松山市の医学研究所の理事長を名乗る男が逮捕された事件で、男が関東や関西など全国に出向き、重度のがん患者らにも医療行為を行ったうえで、高額な医薬品を販売していたとみられることが警察などへの取材でわかりました。警察は詳しい実態の解明を進めています。松山市の「ホリスティック予防医学研究所」の理事長を名乗る杉喬夫容疑者(70)は、平成27年から去年にかけて、「血液を調べれば健康状態がわかる」とうたい、愛媛県の女性を含む男女7人に、医師の免許がないのに採取した血液を基に診断する医療行為を行ったなどとして、医師法違反などの疑いが持たれています。警察によりますと、杉容疑者は8年前から全国のおよそ1700人に対し、医療行為を行った上で一部に医薬品を販売し、少なくとも去年までの2年余りにおよそ1億2000万円を売り上げていたということです。その後の調べで杉容疑者は、関東や関西など全国に出向き、重度のがん患者らにも「病気が改善する」などとして高額な医薬品を販売していたとみられることが警察などへの取材でわかりました。警察は、医療行為や医薬品販売の詳しい実態の解明を進めています。
20170719/5268911.html