2016年8月16日火曜日

天皇陛下自らの過去を深く反省

式典には安倍首相も参列

また、最後の段落では、15年は

「ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」

だった部分が

ここに過去を顧み、深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」

となり、「深い反省」の対象が明示されない形になった。


天皇陛下、2015年に続き「深い反省」表明 参列者から退場時に「万歳!」
2016/8/15 13:04
http://www.j-cast.com/2016/08/15275227.html










まあ今後、戦争の惨禍が再び繰り返されるようならその責任はアベシンゾーより大東亜主義者・阿Q三国シンパども、即ち大日本帝国軍部人脈をのさばらせた唐物と高麗好きの今の天皇陛下にあると言えるでしょうな。(爆wwwwwwwwww




39 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

>「さきの大戦に対する深い反省」と言われてもその頃、今上天皇はまだお子様だったわけで
>反省すべきもんがあるとは思えないわけで・・・(爆wwwwww

もしかして天皇陛下ここ見てる?w

匿名 さんのコメント...

↑こういう自意識過剰バカの典型が大日本帝国軍部なわけでいつになったら反省できるのやら(爆)

匿名 さんのコメント...

>参列者から退場時に「万歳!」

未だに典型的な大日本帝国軍部脳な参列者。
またお国のためとかほざいて喜んで孫を戦争に送り出すような連中。

匿名 さんのコメント...

天皇陛下は中国共産党に成否利用されまくった92年の訪中を深く反省してください。

匿名 さんのコメント...

結局、終戦時に思春期に入ったばかりの世代 = 軍国少年
は駄目だったということですね。
少し下の「教科書に墨を塗った」が自慢の世代もですね。
もう遅いんでしょうけど、それでもこの二つを跨ぐ世代が要所に残っているなら
ごっそり引き抜くべきなんでしょうね。

匿名 さんのコメント...

God Save The Emperor ww

ご近所 さんのコメント...

反省はよく分かったので

結果で示しましょうw

御覧になって頂いてるのなら^^

匿名 さんのコメント...

厚生労働省 戦没者 定義

バランサー さんのコメント...

"軍人以外に戦争によって生命にかかわる大きな犠牲を払った人々として,民間の船の船員があります"

"又,信じられない数の民間の船が徴用され,6万に及ぶ民間人olの船員が,軍人や軍属,物資を運ぶ途上で船を沈められ亡くなっていること"

【棘】

"List of Hellship Voyages in Chronological Sequence of Departure Date"

"List of Japanese hell ships"

"Japanese hell ships"

【"We cannot pretend that the past did not exist,"】

匿名 さんのコメント...

What Role Japan’s Imperial Family?
By David McNeill

wiki/嶋中事件
wiki/風流夢譚
wiki/Kazutaka_Komori

White flag さんのコメント...

なにを反省なされているのかについて明確にわからないばかりか、反省のおしるしとしてなにをどのように償いのかたちとしておしめしになられたのかも不明瞭ではあるが、事実上、ご自身の生前退位を内外に宣言することによって、現状の権威の無力化を暗示し、その行動そのものによって、新しい秩序に転換せしめなければ、皇室も日本も存在が危ぶまれる状態にあるという認識を象徴する行為。

特別立法で、確実に。

匿名 さんのコメント...

反省という言葉を直截に使うと、かえって胸に響いてこない。
反省という文字が頭に残るが、くりかえして心に残るフレーズでは無い。
あちらは残る、個人的に。
静かできれいで重く力強い。

「深い反省」という文言が3年連続で使用されたことがニュースバリュー さんのコメント...

「過去を顧み、深い反省」 天皇陛下おことば
朝日新聞 - ‎1 時間前‎
終戦以来既に七十二年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。 ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、 ...

陛下「深い反省」今年も 平和へ思い変わらず
毎日新聞 - ‎52 分前‎
深い反省」という表現は戦後70年の2015年の追悼式で初めて使われて以来、続けて盛り込まれている。「歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い」との文言は戦後50年の1995年に盛り込まれた。同様の表現が今年も用いられている。 陛下は15年12月の ...

天皇陛下のお言葉、2017年も「過去を顧み、深い反省」 戦没者追悼式(全文)
ハフィントンポスト - ‎1 時間前‎
終戦から72年を迎えた8月15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族約5700人が参列し、310万人の戦没者の冥福を祈った。 式典では、正午に合わせて1分間の黙祷がささげられた。

全国戦没者追悼式 天皇陛下がお言葉
NHK - ‎1 時間前‎
天皇陛下は冒頭で例年通り「さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」と述べられました。そのうえで、戦没者を追悼し平和を願う結びの一文に、戦後70年のおととしから加えた「深い反省」という言葉を ...

不戦と平和、誓い新たに=72年の歩み、首相「不動の方針」-東京で戦没者追悼式
時事通信 - ‎1 時間前‎
72回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族ら約6700人が参列。全員で黙とうして戦没者の冥福を祈り、不戦と平和への誓いを新たにした。安倍首相は戦後72年の ...

終戦72年、平和の誓い新たに 戦没者追悼式
日本経済新聞 - ‎2 時間前‎
72回目の「終戦の日」を迎えた15日、政府は全国戦没者追悼式を日本武道館(東京・千代田)で開催した。天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相ら6167人が参列し、戦没者約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。天皇陛下はお言葉で、3年連続で「深い反省」に言及 ...

戦禍、伝える使命…追悼式参列、戦後生まれ最多
毎日新聞 - ‎1 時間前‎
終戦から72年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、天皇、皇后両陛下や遺族ら約6700人が参列した。天皇陛下はおことばで、大戦について戦後70年の2015年から3年続けて「深い反省」との表現を用い、平和を祈る気持ちを ...

終戦72年、安倍首相は今年も加害責任に言及せず
日刊スポーツ - ‎11 分前‎
天皇陛下は、3年連続で「深い反省」との文言が入ったお言葉を読み上げられた。 ミサイル問題などで北朝鮮情勢が緊迫する中、安倍首相は「我が国は戦争を憎み、平和を重んずる国として歩んできた」とし、「歴史と謙虚に向き合い、この不動の方針を貫く」と明言。「争いが絶える ...

戦後72年、不戦の誓い…全国戦没者追悼式
読売新聞 - ‎46 分前‎
正午の時報に合わせて参列者全員で1分間、黙とうをささげた後、天皇陛下が「過去を顧み、深い反省とともに、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に心から追悼の意を表します」と述べられた。陛下が追悼式で「深い反省」という表現を ...

終戦72年、平和への誓い新た 全国戦没者追悼式に天皇陛下、安倍首相が出席
スポーツニッポン - ‎4 分前‎
終戦から72年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京の日本武道館で開かれ、参列者は犠牲者を悼み、平和への誓いを新たにした。安全保障関連法の運用が既に本格化。憲法改正も現実味を帯び「不戦」堅持が揺らぐ中、安倍晋三首相は「戦争の惨禍を繰り返し ...

終戦から72年 全国戦没者追悼式
NHK - ‎1 時間前‎
ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことをせつに願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して、心から追悼の意を表し、世界の平和とわが国の一層の発展を祈ります」とお言葉を述べられました。 このあと、遺族を代表し ...

終戦72年、追悼式に6200人 首相、加害責任触れず
朝日新聞 - ‎1 時間前‎
深い反省」という表現を3年連続で使い、「戦争の惨禍が再び繰り返されない」ことを切に願うとした。 参列を予定していた5225人の遺族のうち、戦後生まれは25・6%で初めて4分の1を超えた。戦没者の父母は7年連続でゼロ。妻は6人で、前年より1人減って過去最少となった。

集団的自衛権、問われる平和 きょう終戦の日
中日新聞 - ‎8 時間前‎
戦後七十年の二〇一五年から二年連続で、お言葉に「深い反省」との文言を盛り込んでおり、戦争への思いをどう表現するのかにも関心が集まる。 追悼式は例年通り、午前十一時五十分ごろ始まる。 この記事を印刷する. 中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は 中 ...

きょう72回目の終戦の日 北朝鮮情勢緊迫、問われる平和
佐賀新聞 - ‎2 時間前‎
また天皇陛下にとっては、6月に退位を実現する特例法が成立し、早ければ来年末にも退位する可能性があり、残り少ない追悼式となる。戦後70年の2015年から2年連続で、お言葉に「深い反省」との文言を盛り込んでおり、戦争への思いをどう表現するのかにも関心が集まる。

終戦72年、平和誓う 追悼式、首相今年も加害触れず
東京新聞 - ‎1 時間前‎
憲法改正も現実味を帯び「不戦」堅持が揺らぐ中、安倍晋三首相は「戦争の惨禍を繰り返してはならない」と強調したものの、アジア諸国への加害責任には今年も言及しなかった。天皇陛下は、3年連続で「深い反省」との文言が入ったお言葉を読み上げられた。 北朝鮮情勢が緊迫 ...

産経ニュース - ‎1 分前‎

天皇陛下は一昨年、昨年に続き「深い反省」との言葉を用いた上で「全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられた。 厚生労働省によると、今年の参列遺族は、6歳から101歳までの約5千 ..

匿名 さんのコメント...

安倍首相、アジアへの加害責任明言せず :日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXNASDG1500R_V10C13A8MM0000/
Aug 15, 2013 - 安倍晋三首相は15日、政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で、歴代首相が表明してきたアジア諸国への加害責任の反省について明言しなかった。「不戦の誓い」の文言も今回はなかった。 1994年の村山富市首相以.

安倍首相、アジアへの加害責任触れず 戦没者追悼式 :日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H01_V10C14A8MM0000/
Aug 15, 2014 - 安倍晋三首相は15日、政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で、歴代首相が表明してきたアジア諸国への加害責任の反省について昨年に続いて明言せず、「不戦の誓い」との文言も使わなかった。一方で「歳月が流れても.

終戦72年、安倍首相は今年も加害責任に言及せず - 社会 : 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com › 社会 › ニュース
45 mins ago - 憲法改正も現実味を帯び「不戦」堅持が揺らぐ中、安倍晋三首相は「戦争の惨禍を繰り返してはならない」と強調したものの、アジア諸国への加害責任には今年も言及しなかった。天皇陛下は、3年連続で「深い反省」との文言が入ったお言葉を ...


匿名 さんのコメント...

>今上天皇が深く反省すべき事とは戦後、鬼畜大日本帝国軍部人脈をのさばらせた事だけ

匿名 さんのコメント...

陛下「深い反省」3年連続 追悼式出席、18年最後の見通し
日本経済新聞 - ‎49 分前‎
日本武道館で15日開かれた全国戦没者追悼式のお言葉で、天皇陛下は3年連続で「深い反省」に言及された。政府は陛下の退位時期を2018年末か、19年3月末とする方向で調整しており、陛下が天皇として追悼式に出席されるのは来年が最後となる可能性が高い。 全国戦没 ...

匿名 さんのコメント...

石なごの石の 大瀬なるまでも おかけぼさへ めしやうれ 我御主がなし

「小さな石なごの石が、大きな岩となるまでも、わが王様は長く王位につかれてお栄え遊ばされるようにお祈りいたします」


戦世も終て みろく世もやがて 嘆くなよ 臣下 命ど宝

「琉球の天地をくつがえす戦いは終わった。今のこの苦しみを越えれば、やがて平和で豊かな世がくるであろう。人々よ嘆かないで下さい。命を大切にするのです」


B01FQJNBFK

匿名 さんのコメント...

Sensō to minshū - 185 ページ
books.google
Ritsuo Akimoto - 1974 - ‎スニペット表示
東京大空 8 三月一 0 日、陸軍記念日。その前夜の大本営報道部長の放送は、恒例のものとなっていた。このときも放送会館の一室に、報道部長の姿があった。「最も暗き時は、最も暁に近き時」というよく使われるあの重々しい引用句をもって話を結んだときである。 ... メートルから、水面すれすれに滑空し下町地区へと向かっていたのである。『 東京大空襲.戦災誌』は、克明に収められた資料から、このときの状況をこうつづっている。「一〇日零時八分。先行する一番機は、北北西の強風をついて、深川地区に侵入 。またたく ?

ふぞろいの夏: 帝国女子医専学徒たちの銃後 - 137 ページ
books.google
大野芳 - 1986 - ‎スニペット表示
帝国女子医専学徒たちの銃後 大野芳 東『零時八分。先行する一番機は、帝都東方から北北西の強風をついて深川地区に侵入、またたくまに京^ ^早乙女勝元氏の『東京大空襲』(岩波新書)の一文を引用してみょう。 8 後の零時十五分。下町の猛爆撃をはじめたのである。十日午前零時八分すぎのことだ。「空襲警報」が鳴ったのは七分ところがこのあと、三百三十四機の 8 ? 3 が、音もなく滑空し、東京湾上を波すれすれに飛んで東京 8 ? 3 二機は、南方洋上に去ったとラジオが放送した。午後十時半、「警戒警報」の ...

話しことばその仕組と展開 - 3 ページ
books.google
Toshio Iritani - 1981 - ‎スニペット表示 - ‎他の版
その後仕事があって外出、あちこちをまわる。帰社するのが午後の五時。帰りの支度をし、ふたたび通勤電車に乗る。六時に帰宅、妻子の出迎えをうける。一家団欒の夕食をとり、夕刊に目を通し、テレビを見る。風呂に入ってから床に就く。そのとき、今日一日はなにをしたのかなと、ふと思いにふける。 2 三月九日二十二時三十分警戒警報発令、十日零 時十五分空襲警報発令、それから約二時間半にわたって空襲が行われた。(中略)零時 八分。先行する一番機は、帝都東方から北北西の強風をついて深川地区に侵入、また ...

Dokyumento Shōwa gojūnenshi - 第 4 巻 - 126 ページ
books.google
Masao Matsumoto - スニペット表示 - ‎他の版
二分を終過した零時一〇分、火災は隣接した城東^にも発生、さらに二分過ぎた^咔ー二分にれを目じるしにして、つぎつぎと 8 ^の大群が、ゥンカのように勤労者の町へ襲いかかった。たがって空襲^報も鳴らない。深川の木場、白河町、三好町一帯にどっと火柱が上がると、こ第一弾を投下した。高性能ナパ—ム 2 ^油胎焼夷弾である。東部軍管区司令部は気づかず、し一〇日零時八分。先行する一番機は、北北西の強風をついて深川地区に侵入、またたくまに;壊している。てとらえたサ—チライトには、いち早くニー.七ミリ機関 ...

東京大空襲: 昭和20年3月10日の記錄 - 52 ページ
books.google
早乙女勝元 - 1971 - ‎スニペット表示 - ‎他の版
昭和20年3月10日の記錄 早乙女勝元 本署一小隊の消防自動車三台と、常盤隊三台、 清澄隊ニ台、千石隊ニ台、猿江隊三台、永代隊深川消防署望楼から、この最初の被害を目撃した深川消防隊は、すぐ地区隊長の命を受け、攻撃である。 ... 深川の木場、白河町、三好町一帯にどっと火柱が上がり、それを目じるしにしくまに第一弾を投下した。 東部軍管区司令部は、まだ気がついていない。当然ながら、空襲警零時八分。先行する 一番機は、帝都東方から北北西の強風をついて深川地区に侵入、またたかりはなかつた。

匿名 さんのコメント...

K一〇日零時八分。先行する一番機は、北北西の強風をついて、深川地区に侵入

社報 - 富岡八幡宮
www.tomiokahachimangu.or.jp › htmls
10日午前0時8分、先行の一番機が深川区に侵入、第一弾を木場二丁目に投下、次々に周辺に投下して忽ち火災は広がりました。以後3百機のB29による空襲が約2時間30分にわたって行われました。 この空襲により、深川区(現 ...

匿名 さんのコメント...

知られざる天皇の防空壕 疎開の地・日光に17日からご訪問 :日本経済新聞
https://www.nikkei.com › article
2017/05/15 - 天皇、皇后両陛下は今月17~19日、私的旅行として栃木県日光市を訪問される。日光は太平洋戦争の際、皇太子だった天皇陛下が疎開していた地。疎開先は日光以外にも複数検討され、各地に空襲に備えて ...

明仁皇太子の「集団学童疎開」
PDF repo.lib.hosei.ac.jp › kyoyo100_aoki
著者: 青木哲夫 · 1997
三内親王は八月二六日、一般生徒からやや遅れて日光から塩原福渡の用邸に移ったので. あるが、三人のうち、孝宮は中等科 .... に、皇太子は三里塚にあった皇室御料牧場へ初の疎開をされるのである。」という。 両書が日付まで ...

昭和天皇の防空壕 - 探検コム
www.tanken.com › boku
2015/02/15 · この予備の防空壕が完成した29日、皇太子の避難場所が決まりました。春から秋は日光の田母沢御用邸、冬は千葉の三里塚牧場です。こうして、両方に250トン爆撃に耐える防空壕の建設が決まりました(ともに ...

皇太子時代の陛下 - SlideShare
https://www.slideshare.net › thorudes
2016/08/14 · 皇太子は千葉県三里塚の下総御料牧場(皇室用牧場)で三月下旬から四月上旬まで過ごした後、 沼津へ疎開している。乗馬訓練のために行われた牧場での生活は、沼津疎開の予行練習であったとも言われている。

匿名 さんのコメント...

東京新聞:象徴天皇 いのちの旅(3) 沖縄と戦争思い続け:社会(TOKYO Web)
www.tokyo-np.co.jp › ... › 5月の記事一覧
2017/05/03 · 慰霊への思いは沖縄戦にとどまらない。八一年の記者会見では「日本では、どうしても記憶しなければならないことが四つはあると思います」と述べた。六月二十三日の沖縄戦終結、八月六日の広島原爆、同九日の長崎原爆、同十五日の終戦だ。

>「日本では、どうしても記憶しなければならないことが四つはあると思います」

匿名 さんのコメント...

明仁天皇と接した75年 幼稚園児のころからの級友(明石元紹氏)が初めて明かした(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(3/6)
gendai.ismedia.jp › articles
終戦の年、疎開先の日光から東京に戻られたときのこと。私も級友たちと一緒に日光から特別列車に乗って、原宿駅の皇族専用ホームに降り立ちました。そのとき殿下とともに見た、一面焼け野原になった東京の光景は、今も忘れられ ...

【天皇の島から 戦後70年・序章(4)後半】目にされた焼け野原「何もない。原宿の駅に」 戦没者ご慰霊への“原体験”(1/3ページ) - 産経ニュース
www.sankei.com › lif1501050005-n1
2015/01/05 · 天皇陛下が昭和19年7月から疎開されていた栃木・日光にも、20年に入ると空襲の警報が響き始めた。ほどなく「 ... 陛下と学習院初等科の同学年で最後まで疎開をともにした明石元紹(もとつぐ)さん(80)は ...

匿名 さんのコメント...

【戦後70年~大空襲(2)】帝都を襲った「赤い悪魔」 おぶった子の死を気付かぬ母も 「町中すべてが真っ白け」(1/7ページ) - 産経ニュース
www.sankei.com › prm1503060012-n1
2015/03/06 · 国民学校の児童の多くは、学童疎開で地方生活を余儀なくされていたが、6年生は母校での卒業式に出席するため、自宅に戻っていたのだ。 9日午後10時半、警戒警報が発令されたが、ほどなく解除された。東京都 ...

asahi.com(朝日新聞社):65年ぶりの卒業式 大空襲で校舎焼失 文京・千駄木小 東京 - 小中学校ニュース - ...
www.asahi.com › TKY201003300331
2010/03/30 · 65年前、同校に通っていた子どもたちは、栃木県に集団で学童疎開していた。卒業式のために一時的に疎開先から都内に戻ったが、3月10日に東京大空襲に遭った。 学校は焼けた。空襲で命を落とした児童や ...

匿名 さんのコメント...

>「日本では、どうしても記憶しなければならないことが四つはあると思います」

日本では、どうしても記憶しなければならないことがいくつもあると思います
子供でさえ命の重さに大きな違いがあったのです

匿名 さんのコメント...

王様と臣下、といふ関係と見立てる戦後の日本社会が享受する自由で平和な社会

匿名 さんのコメント...

「象徴」としての歩みの原点
きょう84歳の誕生日を迎えられた天皇陛下の「象徴」としての歩みの原点を知るのが、作家の高木敏子さん。交流のきっかけは自らの戦争体験記である「ガラスのうさぎ」。本には東京大空襲で母親と幼い妹を失ったことと、その5ヶ月後にアメリカ軍の機銃掃射で父親が亡くなったことが書かれている。その現場であるJR二宮駅には、ガラスのうさぎを抱えた少女の像が建っている。38年前にガラスのうさぎを手に取ったのは当時中学生の秋篠宮さまで、すぐに当時の皇太子夫妻であった両陛下にもすすめられ、高木さんはその年に東宮御所に招かれた。太平洋戦争末期、陛下は栃木県の日光に疎開された。当時の映像も残っていて、高木さんは交流の中でこの疎開が今の“原点”なのではと考えている。兄弟は皆、那須の御用邸に疎開したが陛下だけが違う場所で「洞穴をほったみたいなところに連れて行かれた」とおっしゃっていたという。そして戦況について勝っていると言われながらも敗戦が告げられ、東京に戻って初めて一面の焼け野原を目の当たりにされた。高木さんに対し「ガラスのうさぎ」の感想を「こんな体験をした人たちが高木さんだけじゃなくていっぱいいたんだ」となどと述べられたという。
https://datazoo.jp/tv/報道特集/1124364/2

匿名 さんのコメント...

「四つ」や特別な関係にある方々の体験だけではなく、同時代を生き抜いた日本人、大日本帝国に組み込まれた国家、そのすべての記憶に軽重は無いし、語り継がれる近しい人すべてを失った名を忘れられた方々が確かに居た

今の天皇陛下に開戦や戦争遂行の責任は無いし、ご高齢になられても遠方まで慰霊を尽くされて、ご誠実な献身に誰もが感謝しているだろうが、「四つ」を究極の洞察力と解釈させたがるメディアのありかたは無理がある

匿名 さんのコメント...

太平洋戦争をめぐる日米外交と戦後の米ソ対立 - 274 ページ
books.google
本橋正 - 2006 - ‎スニペット表示
その第一は、当時スイス駐剳日本公使館付海軍武官藤村義朗氏、大阪商船株式会社欧洲総監督津山重美氏、朝日新聞記者笠信太郎氏などを中心として、一九四五年四月から六月以降にかけて工作したものである。っいでこの動きとは全く独立して、スイス駐剳日本公使館付陸軍武官岡本清福氏、在バ—ゼル国際決済銀行理^ -北村孝治郎氏、 同銀行為替部長吉村侃氏およびスイス国駐剳公使加瀬俊一氏を中心として同年六月から八月にかけて努力されたものがその第二のものである。そこで、本稿では便宜上、 前者 ...

匿名 さんのコメント...

[ポツダム宣言受諾に関し瑞西、瑞典を介し連合国側に申し入れ関​係](テキスト) | ...
www.ndl.go.jp › constitution › shiryo
三国宣言受諾ニ関スル件 ・[ポツダム受諾に関する8月10日付日本国政府申入] [在京蘇大使来訪、対日宣戦声明通報他] [申入れ手交報告] [申入れ手交報告] [外務大臣との会談] 「ポツダム」宣言受諾申入ノ件 [バーンズ米国 ...

[ポツダム宣言受諾に関し瑞西、瑞典を介し連合国側に申し入れ関​係](拡大画像) | ...
www.ndl.go.jp › constitution › shiryo

[ポツダム宣言受諾に関し瑞西、瑞典を介し連合国側に申し入れ関​係](標準画像) | ...
www.ndl.go.jp › constitution › shiryo

テキスト化が未だに完了していないものが残っているわけですが、需要も関心も無いってことでしょーか?

昭和20年8月12日 皇族会議
この会議のすべての内容が記録されたものは、わかりやすいところで開示していただきたい

匿名 さんのコメント...

125th emperor bc 660

>ここに過去を顧み、深い反省

皇室全体が国内的、対外的に、深く反省することがあるのだとしたら、丁寧な説明が必要とされる

匿名 さんのコメント...

沖縄の戦没者遺族「ありがたい」 両陛下の最後の祈り見届け感謝 - 産経 ...
www.sankei.com/life/news/180327/lif1803270033-n1.html
23 時間前 - ここまで来てくれてありがたい」という思いがこみ上げた。 遺族ら一人一人に声をかけながら岸壁に立つ献花台に向かわれた両陛下。ご拝礼に合わせ、宮平さんも静かに頭を下げた。帰り際、皇后さまからは「大事にお過ごしください」とお気遣いがあった。 出迎えの一人に選ばれて以来、会えるのを楽しみにしていた。慰霊を続けられる両陛下の姿をずっと見てきたが、この日のお二方からも「おわびの気持ちが伝わった」(宮平さん)。 「覚えていますよ」。家族5人を失った同県遺族連合会前会長の照屋苗子 ...


>「おわびの気持ちが伝わった」

匿名 さんのコメント...

平成の天皇
https://books.google.co.jp/books?id=F-MzAQAAIAAJ
橋本明 - 1989 -
橋本明 する独自性を示唆している。「過去に多くの苦難を経験しながらも、常に平和を願望し続けてき縛理解を深めた姿は、すでに「道づく 5 」に献身する方向性と昭和天皇時代からの脱却を手探り杭するように、昭和三十八年四月から始まった本土,沖縛豆記者訪問団との密接な交流を軸に沖皇太后の側からも琉球処分という歴史上の失点につながる島津家の血が流れているが、それにいを通じ、今日のご人格に達せられた感が深い。性に変え、荒々しさを優しさに変え、それでも噴出する覇気を抑えようもないといった日常 ...

匿名 さんのコメント...

資料室 - 公益財団法人沖縄協会
www.okinawakyoukai.jp/kyoukai/jigyou.html
(1)沖縄研究奨励賞の実施沖縄の地域振興及び学術振興に貢献する人材を発掘し、育成するため、沖縄に関する優れた研究を行う若手研究者に沖縄研究奨励賞を贈呈しています。沖縄研究奨励賞は「沖縄研究奨励賞規則」に基づき実施されます。 ... (3)沖縄関係団体への協力助成沖縄県遺族連合会や本土で活躍する沖縄関係団体の活動に対し助成金を交付するほか、本土・沖縄豆記者交歓会の取材活動に協力しています。

匿名 さんのコメント...

光永勇 沖縄 豆記者 全国勝手連連合会

匿名 さんのコメント...

全国勝手連連合会42周年大会 光永勇還暦祝い実行委員会 池口恵観 橋本明

匿名 さんのコメント...

「沖縄の歴史を深く認識することが、復帰に努力した沖縄の人々に対する本土の人々の務めであると思っています」

匿名 さんのコメント...

沖縄の歴史を深く認識することが

大日本帝国の成立に伴う莫大な借金の歴史を深く認識することが

匿名 さんのコメント...

site:www.kunaicho.go.jp "戦争責任"

匿名 さんのコメント...

天皇陛下ご即位に際し(平成元年) - 宮内庁
www.kunaicho.go.jp › ... › 天皇皇后両陛下 › 天皇皇后両陛下の記者会見など
1989/08/04 - 記者 さきほどの昭和天皇の戦争責任の質問で昭和天皇は,平和を大切にし,考えておるとおっしゃいましたが,これは陛下として,昭和天皇には戦争に関する責任はなかったとお考えだというふうに,とらえてよろしいでしょうか。 天皇陛下 私の立場では,そういうことはお答えする立場にないと思っております。


天皇陛下ご即位に際し(平成元年) - 宮内庁
www.kunaicho.go.jp › ... › 天皇皇后両陛下 › 天皇皇后両陛下の記者会見など
1989/08/04 - 天皇制をめぐる言論の自由については,どの様にお考えでしょうか。 天皇陛下 言論の自由が保たれるということは,民主主義の基礎であり大変大切なことと思っております。 記者 今,おっしゃった言論の自由という観点から,主旨質問の中にもありましたけれども,戦争責任について論じたり,あるいは天皇制の是非を論じたりするものも含んでいるというふうにお考えでしょうか。 天皇陛下 そういうものも含まれております。

>天皇制の是非を論じたりするものも含んでいるというふうにお考えでしょうか

論じることができるほど、このデリケートなテーマについて、ふつうに議論の対象にされる環境にないし、じゅうぶんすぎるほどタブー視されている

始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを,切に願っています。
http://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/12

ご意向はいつの時代も特別

1971年 - 90 ページ
https://books.google.co.jp/books?isbn=4757123310
土谷英夫 - 2014 -
昭和四十六年のくれる日が遂に来た。波潤にとむ年であったが、今日は静かに、誠に静かにくれて行く。十時、内奏の為参内。来春早々のサンクレメンテの会合の御話をする。陛下には多分に御訪米の御意向があるよう同はれるが、国内の様子等考へるとニクソン大統領を迎へる情態には自信がないので言葉をにごす。対弟円の切り上げやその影響、沖縄復帰前の問題等多岐に渡り内奏する。陛下の御安心になった御様子を拝察して退下」「くれ行く四十六年を紅白歌合戦をきゝながら例年の如くおくる。本年は何れの勝か。

昭和天皇と近現代日本
https://books.google.co.jp/books?id=o2syAQAAIAAJ
後藤致人 - 2003 - ‎
しかし、士一月三十一日の「内奏」では、佐藤首相は「陛下には多分に御訪米の御意向があるよう伺は天皇の訪欧は、決して相手国民衆から歓迎されたわけではなかったが、天皇は自信を深めたようで、次は訪米に意湾等」外交問題を中心に「内奏」している。った。十月一一十七日、叙勲の「内奏」のときも「最近の国連の動き方、中共加入が主題で、今後のあり方について台御願する事はとりやめ」ている。この日の「内奏」は、国連での中共問題並に台湾の取り扱い方、ドル問題などであ田外相を臨時国会対策上途中で ...

象徴天皇と皇室 - 第 2 巻 - 76 ページ
https://books.google.co.jp/books?id=GMe4AAAAIAAJ
高橋紘 - 2000 - ‎スニペット表示
結婚当時の美智子妃の写真を見ると、お顔はお月さまのようにふつくらとされていたが、宮中に入り、精神的な疲労が続き、皇室外交がそれに輪をかけたためか、すつかりやせられた。政府主導による相次ぐ 2 度の外国訪問の"犠牲"といえなくもない。^年安保時の皇太子訪米経緯をみたが、以後の対米外交も政治色がにじんでいる。"年の大晦日、佐藤栄作首相は、内奏で米国が昭和天皇の訪米を望んでいることを伝えた。『佐藤栄作日記」には、「陛下には多分に御訪米の御意向があるよう伺われるが、国内の様子等考へる ...